連載webデータ活用による広告配信について

#03 オーラルケア用品訴求向けターゲティング

<本連載について>
新型コロナウイルスの感染拡大で、人々の健康や医療に関する意識は変化しています。オンライン診療やスイッチOTC化の促進等で、生活者の選択肢は一層広がり、医療情報を得るためにインターネットを活用する機会も増えているのではないでしょうか? 本連載では、製薬企業のマーケティングご担当者様や医療系広告代理店の方に向けて、MicroAd(マイクロアド)が提供している製薬業界専用のマーケティングデータプラットフォーム「IASO(イアソ)」におけるwebデータ活用による広告配信についてご紹介いたします。

前回のおさらい

前回記事では、OTC医薬品メーカー様や日用品メーカー様向けに制汗剤訴求のターゲティングについてお伝えしました。今回はハミガキやハブラシ等のオーラルケア用品訴求のターゲティングについてお話します。

市場拡大している「オーラルケア」

オーラルケアの市場規模は毎年伸長しており、富士経済の調査によると2023年には4,186億円(2.4%増、2019年比)に達すると見込まれています。この背景にあるのが、口の健康状態と全身疾患との関連性やオーラルフレイル、歯周病患者の増加などが挙げられます。

オーラルフレイルとは
老化に伴う様々な口腔状態(歯数・口腔衛生・口腔機能など)の変化に、口腔健康への関心の低下や心身の予備能力低下も重なり、口腔の脆弱性が増加し、食べる機能障害へ陥り、さらにはフレイルに影響を与え、心身の機能低下にまで繋がる一連の現象及び過程。

消費者ニーズも多様になっており、例えば、長時間のマスク着用による「口臭ケア」が再注目されています。加えて高機能・高付加価値製品へのシフトにより単価が上昇、市場規模はさらに拡大し、今後もさらに伸びていくでしょう。

IASOのオーラルケア用品向けターゲティング

IASOではオーラルケアに関連するWEBコンテンツの接触数が上昇傾向のある方や、オーラルケアコンテンツの接触数が平均よりも高い方を「オーラルケア意識が高い」ユーザーと推定しています。さらに虫歯予防・ホワイトニング・歯周病予防などのニーズ別にターゲティングが可能です。

広告効果の可視化もできる実購買データ活用

オーラルケア用品のプロモーションでは購買データの活用も有効です。消費者の購買行動からターゲットとなりうるユーザーを判定し、配信データとしてご活用いただけます。

また、購買データで配信することによって、広告接触者が実際に購買に至ったかの測定も可能です。広告接触者と非接触者の購入率や購入数の差を確認することで、実購買における広告効果の影響を可視化できます。

今回はオーラルケア用品向けターゲティングについてご紹介しました。ご相談いただければ、最適なプランをご提案いたします。是非この機会にIASOのご活用をご検討ください。

株式会社マイクロアドの基本情報

この記事の著者/編集者

宮本朋果 株式会社マイクロアド 製品戦略部 

2015年4月、製薬企業に新卒入社。医薬情報担当者(MR)として活動。
この経験を踏まえ、医療・製薬企業向けの広告配信サービス「IASO」の商品設計・販売戦略の担当として2020年3月より株式会社マイクロアドに入社。

するとコメントすることができます。

新着コメント

この連載について

webデータ活用による広告配信について

連載の詳細

新型コロナウイルスの感染拡大で、人々の健康や医療に関する意識は変化しています。オンライン診療やスイッチOTC化の促進等で、生活者の選択肢は一層広がり、医療情報を得るためにインターネットを活用する機会も増えているのではないでしょうか? 本連載では、製薬企業のマーケティングご担当者様や医療系広告代理店の方に向けて、MicroAd(マイクロアド)が提供している製薬業界専用のマーケティングデータプラットフォーム「IASO(イアソ)」におけるwebデータ活用による広告配信についてご紹介いたします。

最新記事・ニュース

more

「開業したいけど、何をすべきかよく分からない」、「開業してみたは良いものの、なかなか集患できない」というお悩みを抱えていませんか? クリニック激戦区の新宿にて1日に400人ほどが来院するクリニックに成長させた実体験をもとに、経営ノウハウを分かりやすくお伝えしていきます。

オンラインでの疾患啓発活動 疾患啓発とは、製薬企業が患者さんやそのご家族に直接働きかけるマーケティング活動のことを指します。疾患の早期発見や治療…