医療法人社団美心会 黒沢病院 理事長  黒澤功 氏
連載絶壁を背負った覚悟で開業し、 常にワンランク上を目指した結果がここにある。

#04 人びとがしてほしいと思っていること、望んでいることをさせてもらう

このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬県高崎市の医療法人社団美心会黒沢病院が2009年7月に開設した「ヘルスパーククリニック」。最先端の予防医療、健康診断、治療、運動ができる施設である。 予防という概念がまだ重要視されていなかった時代に黒澤功理事長が構想して実現した、外来診療、メディカルフィットネス、人間ドック、デイケア、美容皮膚科などで構成される複合医療施設だ。 4階建て延床面積1万3千平方メートルという広々としたスペースは開放感に溢れ、病気の早期発見と予防に重点を置き、最高の総合医療サービスの提供をめざしている。 黒澤功理事長は、1代で総合医療サービスを提供する北関東随一の医療機関を築き上げた。 (『ドクタージャーナル Vol.1』より 取材・構成:絹川康夫, 写真:安田知樹, デザイン:坂本諒)

働きやすい病院としての評価認定を受ける

「自分たちの幸せをつかむためには、世間から評価されなければならないと、職員には繰り返し言っています。仲間のためにも自分がきちんとしなければならない。

1人ひとりがきちんとしないと、仲間に傷がついてしまいかねないのです。また院内のいろいろなことは他病院にも伝わりやすく、そうした影響も配慮しなければなりません」

月1回院内勉強会を開催し、院内改革のために職員にレポートを提出させ、意見やアイデアを吸い上げるように努めている。レポートは黒澤理事長自身が目を通し、赤ペンでコメントし、それによって職員のやる気を引き出すようにしている。

また職員に対しては、勤続3年、5年、10年、15年、20年ごとに、表彰を行っている。この表彰では、5年目から外国に行かせており、その目的は世界を知って見聞を広めることにある。受賞した職員には帰国後にレポートを書かせ、黒澤理事長がやはり赤ペンでコメントしている。

こうしたことからも、職員の勤続年数は長い。黒沢病院は、NPO法人女性医師のキャリア形成・維持・向上をめざす会から、働きやすい病院としての評価認定を、全国で11番目に受けている。

「どんなことも真剣にやっていれば何が必要なのかが解ってきて、その人に人間としてのセンスが生まれる。しかし100%努力しない人には何も発見がないので、センスは生まれません。人間としてセンスがある人は、日々努力しています。」

人間の評価で、努力を上回るものはないのである。黒澤理事長は、日頃職員に繰り返しそう語っている。

苦労した分だけ人びとに喜んで頂ける

「倫理・道徳なくして経済は成り立ちません。それが経済の基本であり、医業経営のあり方もまさにそのとおりだと考えています。

自分がしたいことを行うのではなく、人びとがしてほしいと思っていること、望んでいることをさせてもらうというのが、私の経営の原点です。

そうやって一生懸命に働いていると自然に収益が出てくるものです。収益が上がれば、患者様を良くする医療器械を新しく揃えることで、結果として患者様に利益が戻る。幸いに、今はそのようにうまく循環しています」

医業経営は、机上の経済で儲かるような甘いものではないと、経済至上主義による生半可な取り組みを批判する。

お金儲けをしようと思う人に対して、お金を儲けさせるような人は誰もいないとも黒澤理事長は断言する。

(続く)

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者/編集者

黒澤功
黒澤功 医療法人社団美心会 黒沢病院 理事長 

昭和16年6月14日群馬県多野郡中里村生まれ。医学博士。 群馬県立富岡高校、岩手医科大学を卒業後、群馬大学医学部泌尿器科に入局し、群馬大学医学部附属病院泌尿器科医局長、富岡総合病院泌尿器科医長、人工腎臓部部長を経て、昭和52年に黒沢医院を開設。昭和60年に黒沢病院を開設。平成8年に医療法人 社団美心会を設立した。平成11年に特別養護老人ホーム「シェステやまの花」を開設、平成14年に特別養護老人ホーム「シェステさとの花」を開設した。

この連載について

絶壁を背負った覚悟で開業し、 常にワンランク上を目指した結果がここにある。

連載の詳細

アカウント登録

話題のニュース

more

平成18年の介護保険制度見直しで、悪性腫瘍の第二号被保険者への介護保険適用を実現させる 平成16年と平成17年に、厚生労働省から介護保険制度の中 ...