がん

「線虫がん検査」実用化は予定通りに、次はすい臓がん向け“特殊線虫”も

2019.12.27

森口敦 1Picks

お酒の飲み過ぎで膵臓が溶ける?:膵がんにもつながる慢性膵炎とは

2019.03.15

  • 諒坂本 株式会社Tcial代表

    膵臓がうまく働かなくなると、自らの作り出す消化液の力で自らを溶かしてしまい、機能不全に陥るそう。
諒坂本 1Picks

かかりつけ医で検診を 堀ちえみさん闘病の「口腔がん」 2週間以上の炎症は要注意|県内主要,社会|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

2019.03.06

諒坂本 1Picks

がん研究者が心の底から「標準治療を選んで!」と訴える理由(大須賀 覚)

2019.02.27

  • 森口敦 株式会社A&PROPresident & CEO

    医療については、高額だから良いということではない。 医療費のメカニズムを考えれば理解しやすい。 標準治療以外が、標準以上というわけでもない。 損得勘定ではなく誠実性を大切にしている 勤勉な医師がそばにいると、医療リテラシーが 身につきやすい(^^)
森口敦 1Picks

国内初、内視鏡画像から「がん」を見つけるAI発売

2019.02.26

森口敦 1Picks

「とくダネ!」小倉智昭さんが患った膀胱がん かつては菅原文太さんや松田優作さんも… 〈週刊朝日〉

2018.11.05

森口敦 1Picks

血液1滴で、卵巣がんを98・8%の精度で判別…国立がん研究センターなど成功 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

2018.10.31

  • こちらの記事もですが、癌の発見を簡単にできるようになるのはありがたい話。 更に技術が発達していくことにも期待しますが、我々もここまで検査のハードルを低くしてもらったことを活用しなければならないな、と思いました。 http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1810/29/news091.html
1Picks

初期膀胱がんに対してキイトルーダの完全奏効率は38%と有効な可能性

2018.10.31

  • ドクタージャーナル編集部

    キイトルーダと膀胱がんの試験レポート。これまで手術が唯一の選択肢だった患者さんに選択肢が増える可能性が。
ドクタージャーナル編集部 1Picks

Google AI、転移性乳がんの検出精度で99%達成と主張。医師は患者ケアに集中可能に - Engadget Japanese

2018.10.16

"エセ医学"にすがるがん患者の残念な末路 藁にもすがる人向け高額療法が横行 | プレジデントオンライン

2018.10.13

森口敦 1Picks

ノーベル賞決定で「オプジーボ」の相談殺到、専門家は使用条件や副作用への理解訴え : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

2018.10.12

  • ドクタージャーナル編集部

    オプジーボが使えるのは一定の条件を満たす患者に限られ、重い副作用が起きる可能性もあるとのこと。まずは冷静に情報を集めたいですね。
ドクタージャーナル編集部 1Picks

大腸がん検診の「便潜血法」 異常なしの結果でも安心できぬ│NEWSポストセブン

2018.10.08

  • 検査の目的と精度を知っておくことは大事。 私も検査などを能動的に受け始める時期が近づいているので、調べておかなければ。
2Picks

病気になる理由なんてない。|守本陽一|note

2018.10.07

  • 僕たちが病気になった理由を聞く、その行動の本質にあるものを捉えたいい記事だと思います。 事実としては、優秀な医者でも理由がわからないもの。 それならば、病気の理由をどう捉えればよいかというのは、自分の中でどう納得させるか、どう物語的な因果関係を見出すかがケースによっては大事になってくると思います。 善意をもって、病気を乗り越える方向に向かってくれる医者に出会いたいものです。
1Picks

ハーバード大出身の専門医が挑む、がん患者の選択肢増やす新アプリ

2018.10.06

森口敦 2Picks

ノーベル賞で注目「がん免疫療法」は万能じゃない | 医療プレミア特集 | 毎日新聞「医療プレミア」

2018.10.05

  • 医療リテラシーの向上の必要性を感じさせる記事ですね。 今回のノーベル賞と共に、「免疫療法は万能薬ではない」ということを訴える記事を多く見かけます。 免疫療法について詳しく知らないがん患者の周囲が、良かれと思い免疫療法をオプジーボが効かないがん患者に勧める。 非常に心が痛い話です。 本来ならば、がん治療に関して進歩があったという事実は明るい話であることは確かです。 しかし、誤った印象が広まってがん患者が苦しむということは防ぎたいこと。 この記事や免疫療法に関する事実が世間に広まっていくことを切に願います。
1Picks