連載鈴木央氏インタビュー:緩和ケアや在宅医療の目標とは、QOLを高め、生活を支えること

#04 患者さんは様々な不安を抱えている。だから支援する医療、優しい医療を目指す。

2020.08.19

連載鈴木央氏インタビュー:緩和ケアや在宅医療の目標とは、QOLを高め、生活を支えること

#02 緩和ケアとは決して消極的な治療ではなく、患者さんのQOLを高めるための一つの手法

2020.08.14

連載鈴木央氏インタビュー:緩和ケアや在宅医療の目標とは、QOLを高め、生活を支えること

#01 鈴木央氏:1977年から緩和ケアに取り組み、在宅ターミナルケアの先駆的な存在といわれる。

2020.08.12

連載がん難民をなくすために、緩和ケアに専門特化した自院完結型の連携医療に取り組む

#06 病院経営でいちばん重要なのは、職員の雇用をしっかりと守ること。

2019.12.12

連載がん難民をなくすために、緩和ケアに専門特化した自院完結型の連携医療に取り組む

#05 緩和ケア病棟は看取りの場だけではなく、多様な緩和ケアの提供があってよい。

2019.12.09

連載がん難民をなくすために、緩和ケアに専門特化した自院完結型の連携医療に取り組む

#04 私たちは、杉並区から「がん難民」をなくそうと努力しています。

2019.12.06

連載がん難民をなくすために、緩和ケアに専門特化した自院完結型の連携医療に取り組む

#03 緩和ケアの在宅医療は、介護力、本人の病状、余命、の3つの要因で成り立ちます。

2019.12.04

連載がん難民をなくすために、緩和ケアに専門特化した自院完結型の連携医療に取り組む

#02『帰るホスピス』そんな緩和ケアを実現させて現状をブレークスルーさせたい。

2019.12.02

連載がん難民をなくすために、緩和ケアに専門特化した自院完結型の連携医療に取り組む

#01 医学教育では教わらなかった医療現場の実態にショックを受け緩和医療に進みました。

2019.11.29

連載ホスピスケアをムーブメントと捉え、 患者の権利が基本の在宅ホスピスケアに取り組む

#08 ホスピスケアが目指すべき姿とは、患者の人権擁護をまず基礎に置かなければならない

2019.10.25

連載ホスピスケアをムーブメントと捉え、 患者の権利が基本の在宅ホスピスケアに取り組む

#07 不適切な医療に対して医療者は戦わなければならない、というのが私のホスピス観です

2019.10.23

連載ホスピスケアをムーブメントと捉え、 患者の権利が基本の在宅ホスピスケアに取り組む

#06 病院から自宅に戻ってきた患者さんの笑顔を、たくさん見てきました

2019.10.21

連載ホスピスケアをムーブメントと捉え、 患者の権利が基本の在宅ホスピスケアに取り組む

#05 緩和ケアは、末期がんの患者さんに限ったものではありません。

2019.10.18

連載ホスピスケアをムーブメントと捉え、 患者の権利が基本の在宅ホスピスケアに取り組む

#04 主治医であれば患者さんの全てに寄り添える。それが開業した理由です。

2019.10.16

連載ホスピスケアをムーブメントと捉え、 患者の権利が基本の在宅ホスピスケアに取り組む

#03 がん外科のバブルの時代に多く行われていたがんの外科手術に疑問と憤りを持った

2019.10.14

連載ホスピスケアをムーブメントと捉え、 患者の権利が基本の在宅ホスピスケアに取り組む

#02 最初の頃は、ホスピスケアはなかなか理解されなかった。

2019.10.11

連載ホスピスケアをムーブメントと捉え、 患者の権利が基本の在宅ホスピスケアに取り組む

#01 待合ロビーの正面に大きく掲げている「患者さんの権利」が、私の医療の基本です

2019.10.09