小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#06 一人でも多くの人にレビー小体型認知症を知ってほしいと願います。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.19

「レビー小体型認知症研究会」を立ち上げる。 2006年11月に横浜で国際ワークショップが開催されたのを機会に、翌2007年、国内においてレビー小 ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#05 理解することから始まるのが、レビー小体型認知症のケアです。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.16

患者さんはよくわかっています。 私の医師としての信念とは、「患者さんをしっかりと診る」の一言に尽きます。  ある90歳のレビー小体型認知症の老婦 ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#04 レビー小体型認知症は、家族やケアスタッフが気付いているほうが多い。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.14

医師よりも家族やケアスタッフが気付いていることが多い。 レビー小体型認知症の特徴について、医者よりも家族のほうが判っていることが多い。  何故か ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#03 実はレビー小体型認知症の患者さんは多いにもかかわらず、誤診が多い。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.12

認知症という病名に引きずられてしまう。 レビー小体型認知症(DLB)という病名を付けたこと自体が問題といえます。私が提唱した、びまん性レビー小体 ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#02 「レビー小体型認知症」を世界が認めるまでに、最初に報告してから20年かかりました。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.09

世界に認められるまでは、苦闘の連続でした。 1978年には、3例の剖検による大脳皮質に存在するレビー小体の研究を報告しました。その後、アルツハイ ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#01 1976年、世界で初めて大脳皮質にも多数のレビー小体が出現する認知症を報告する。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.07

島薗安雄教授に感銘を受け神経病理学に進む。 私が医師を目指したきっかけは、小学生の頃に読んだ、赤十字の父アンリデュナンの伝記に感銘を受け、医者の ...

james mckillpe
ジェームズ・マキロップ

連載―認知症レポート―「私たちはいかにして『声』を獲得したか」

#03 2014年に、国内初の認知症本人による「日本認知症ワーキンググループ」が立ち上がる。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.05

「日本認知症ワーキンググループ」 日本では2014年10月11日、佐藤雅彦氏、中村成信氏、藤田和子さんの3人が共同代表となって、国内初の認知症本 ...

認知症フォーラム
ジェームズ・マキロップ

連載―認知症レポート―「私たちはいかにして『声』を獲得したか」

#02 「認知症患者」ではなく、「認知症の人」「認知症とともに生きる人」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.02

認知症への偏見をなくすためのキャンペーン 設立当初からスコットランド認知症ワーキンググループは、ヘルプカードの作製(自分は認知症で今こんなことで ...

認知症フォーラム
ジェームズ・マキロップ

連載―認知症レポート―「私たちはいかにして『声』を獲得したか」

#01 世界中に大きな影響を与えている「スコットランド認知症ワーキンググループ」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.10.31

認知症当事者のジェームズ・マキロップ氏 2015年11月に東京と大阪で行われた、NHKハートフォーラム「認知症700万人 当事者が拓く新時代~先 ...

「高級有料老人ホーム」でも虐待は起こり得る | 家庭

東洋経済オンライン 2018.10.12
  • 森口 敦

    森口

    「介護の質は施設長次第。利用者が施設見学をして施設長もよさそうだという理由で入居しても、施設長が異動すると途端にダメな施設になることはよくあります。」 重要。 数年で人事異動を繰り返すような大手施設は慎重に判断。

相次ぐ災害、認知症の人と家族は…「福祉避難所」知ってますか?  : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞) 2018.10.09
  • Yamato Hikosaka

    彦坂 大和

    福祉避難所、初めて知りました。 以前の記事(削除済)でも、災害時(停電時)の自宅での医療機器を動かすために発電機を用意すると良いという記事が有りましたが、 有事の際にどうするかというシミュレーションは必要ですね。
藤田和子さんと永田久美子さん

『認知症になってもだいじょうぶ!』著者

藤田 和子

連載しなやかさと力強さで創る認知症になってもだいじょうぶな社会

#05 認知症のことについて決めるときに、 私たちを抜きに決めないで!

ドクタージャーナルオンライン編集部 2017.09.05

最後に登壇したのは認知症介護研究・研修東京センター研究部長の永田久美子さん。 「最初にクローバーの会で藤田さんに会った時に、“私たちのことを私た ...

藤田和子さんと川口寿弘さん

『認知症になってもだいじょうぶ!』著者

藤田 和子

連載しなやかさと力強さで創る認知症になってもだいじょうぶな社会

#04 『そんな社会を創っていこうよ』 の目指すところ。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2017.09.04

次に登壇したのは、鳥取で藤田さんたちが作る「若年性認知症問題にとりくむ会・クローバー」でともに活動をしてきた川口寿弘さん。 藤田さんと出会ったの ...

藤田和子さんと島村八重子さん

『認知症になってもだいじょうぶ!』著者

藤田 和子

連載しなやかさと力強さで創る認知症になってもだいじょうぶな社会

#02 フェイスブックに書いた“私 ”をまとめて。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2017.09.02

続いて登壇した全国マイケアプラン・ネットワーク代表の島村八重子さんは、藤田さんが綴ってきた膨大な量のフェイスブックを整理し、本書を藤田さんが書き ...