社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス(JMA) 理事長  鄭義弘 氏
連載地域医療連携と機能分化で地域内完結型の医療・福祉の実現を目指す社会医療法人

#05 機能分化の必要性を痛感し、地域医療連携を進める。

このエントリーをはてなブックマークに追加
社会医療法人ジャパンメディカルアライアンスの歴史は、今を遡ること40年前に「救急こそが医療の原点である」という信念のもと、志を共にした日本医大卒業の若き4人の医師が6年の準備期間を置き、昭和48年に、病床数50の病院として埼玉県北葛飾郡杉戸町に医療法人仁愛会東埼玉総合病院を開院したことに始まる。 その10年後、昭和58年9月には神奈川県海老名市に海老名総合病院を開院し、平成15年に医療法人仁愛会から医療法人社団ジャパンメディカルアライアンスに名称変更した。  平成21年には複数の都道府県にまたがる法人としては全国初の厚生労働大臣認定の社会医療法人に移行し現在に至る。 (『ドクタージャーナル Vol.10』より 取材・構成:絹川康夫, 写真:安田知樹, デザイン:坂本諒)

海老名内科フォーラムという研究会を作る

鄭氏:私が18年前に消化器内科医として赴任してきた当時、私の臨床医としての経験では最も忙しかったのですが、それでも専門医としての治療はポリープ切除か胃潰瘍の出血処置くらいで、他に一般内科医としての仕事が沢山ありました。

それこそ急性期医療から緩和・看取りまで全部担当していました。当時はそれが出来たのです。

ところが今や消化器内科医が出来ることとは、C型肝炎も治る時代となり、肝臓癌の局所治療も今や内科医が行っています。胆道系の内視鏡治療まで行えるようになってきました。 有効な抗がん剤治療の普及も同様です。

今や消化器内科医の担当領域は莫大に増えてきています。

さらにはインフォームド・コンセントに掛ける時間も増えてきています。私が20年前に行っていた一般内科診療も含めた医療を今の若い病院医師に行わせることは不可能です。

私自身にとってもこの何年間かの間で、消化器内科医としてやるべきことが確実に増えてきており、一人で外来や慢性期から急性期の患者さんまでも診ることは絶対に無理で、機能分化の必要性を痛感していました。

地域の先生方に一般外来を診て頂きたい。そうしなければ勤務医が潰れてしまいます。

そこで、地域のクリニックの先生方には一般外来を診て貰う方向性を目指し、10年前に海老名内科フォーラムという研究会を作りました。そこでは地域のドクターと顔の見える関係づくりを進めています。

これからはゼネラリストの医師が必要

鄭氏:患者さんのアクセスは抑制できないので、アクセスのあり方を変える事で、クオリティとコストも両立させてゆくことが必要ではないでしょうか。

これから高齢者社会になってゆくと、受け入れ態勢の整備がさらに求められてきます。

一方、医療の専門分化が進むと受け入れの足かせになってきます。そのことで特に困るのは高齢者の患者さんたちです。持病もあるでしょうし、症状だけではどの診療科に送ったら良いのか判断に迷う場合も多々起きてくるでしょう。

そこで求められるのはゼネラリストとしての医師、つまりかつての一般内科医の姿に回帰しなければならないのです。

ゼネラリストの医師がゲートキーパーとしての役割を担当する事で、内科系疾患でいえば恐らく7割から8割位の疾患に対処できるはずです。これは病院に限らず、地域のかかりつけ医の先生方にも当てはまることではないでしょうか。

ですから海老名内科フォーラムの研究会の講演では、地域の先生方と共に「明日からの診療に役に立つ知識を学びましょう」をモットーに、「どこまでが自分たちで診れるのか、どこからが専門医に紹介するポイントなのか」など具体的なテーマで講師を招いて講演してもらっています。

(続く)

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者/編集者

鄭義弘
鄭義弘 社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス(JMA) 理事長 

医療法人社団ジャパンメディカルアライアンス理事長、医師(消化器内科)。昭和61年東海大学医学部卒、東海大学医学部付属病院臨床研修医、平成8年医療法人社団ジャパンメディカルアライアンス(旧 仁愛会)海老名総合病院内科、平成10年海老名総合病院内視鏡室科長、その後同病院消化器内科科長、内視鏡センター長等を経て、平成16年医療法人社団ジャパンメディカルアライアンス理事、平成21年社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス副本部長、平成23年理事長就任。

この連載について

地域医療連携と機能分化で地域内完結型の医療・福祉の実現を目指す社会医療法人

連載の詳細

アカウント登録

話題のニュース

more

国際会議の舞台で 2004年、京都で開かれた国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議に、認知症の本人として参加した彼女は、このスローガンを表題 ...