病気になる理由なんてない。|守本陽一|note

note(ノート)|2018年10月07日

「先生、なんでこうなってしまったんでしょうか?」 時に、患者にこう聞かれる。病気になってしまったことに後悔しながら、なぜ自分が過酷な状況に追い込…

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 2018年10月07日

    僕たちが病気になった理由を聞く、その行動の本質にあるものを捉えたいい記事だと思います。
    事実としては、優秀な医者でも理由がわからないもの。
    それならば、病気の理由をどう捉えればよいかというのは、自分の中でどう納得させるか、どう物語的な因果関係を見出すかがケースによっては大事になってくると思います。
    善意をもって、病気を乗り越える方向に向かってくれる医者に出会いたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事・ニュース

more

せっかく開業するなら、患者さまが集まるクリニックにしたいと思いませんか? 実は、クリニック経営が上手くいくかどうかは、開業した時点でもうほとんど決まっています。この連載では、特に重要な「立地」について詳しくご紹介します。正しい立地を知ることで、患者さまが集まりやすいクリニックになるでしょう。

クリニックのM&Aが注目される理由は、後継者不在の開業医が増えてきたという理由だけではありません。最近、「医療と経営の分離」という言葉も…