杉山産婦人科 院長  杉山力一 氏
連載杉山力一氏インタビュー:不妊ドックに力を入れる不妊治療専門医 

#01 杉山力一氏:生殖医療科と産科婦人科の機能を兼ね備えた国内屈指の産婦人科医院を作り上げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山産婦人科は、60年の歴史で培った経験と最先端医療を融合させ、生殖医療科(不妊治療/内視鏡手術)と産科婦人科(分娩)の機能を兼ね備えた国内屈指の産婦人科医院だ。 杉山力一院長は「ご妊娠/ご出産という人生最大のイベントに立ち会える幸せを改めて胸に刻み、「Every Patient here is a VIP(当院の患者様はすべてVIPです)」をモットーに皆様と夢を共感して参ります。」と語る。 生殖医療専門医、内視鏡技術認定医、培養士、産科専門医、麻酔専門医、小児科医、看護師、受付スタッフの全員が不妊治療に携わり、生殖医療科では休診なしでの診療を行っている。 (『ドクタージャーナル Vol.8』より 取材・構成:絹川康夫、写真:安田知樹、デザイン:坂本諒)

60年の歴史で培われた産婦人科病院の経験

杉山産婦人科は、祖父が約60年前に東京都杉並区和泉に開業しました。

祖父の信条として、私が幼少の頃の杉山産婦人科では、患者さんと同等に看護師や職員たちを大切にしていました。

当時は看護師さんも住み込みで一緒に住んでいたので、杉山産婦人科には家族のようなアットホームな人間関係がありました。

私は幼少の頃から職員旅行に一緒についていったり、職員の皆さんにも可愛がってもらったりと、そのような家庭環境で育ちましたので、将来は当然のこととして産科医になるものだと思っていました。

その後、大学病院の勤務医であった父親が急逝したため、私が祖父から杉山産婦人科を継ぐこととなり、2代目院長となりました。

平成11年に体外受精専門クリニックを開業

大学病院でも体外受精を専門に取り組んでいたので、平成11年に小さな体外受精専門の杉山レディスクリニックを開業して、従来の産婦人科と新たな不妊治療クリニックの両方を切り盛りしていました。

当時は今ほどには不妊治療や体外受精をあまり人に言えないような時代で、患者さんも不妊治療クリニックに入り難い時代でした。その後、体外受精が流行りだし患者さんも増えてきたので、新たに大規模な体外受精専門クリニックとして同じ地域内の近くに移転しました。

平成19年には、それまで別々で開業していた生殖医療科と産婦人科を合併させて総合産婦人科としての現在の杉山産婦人科を開院しました。さらに平成23年に不妊治療専門クリニックの杉山産婦人科丸の内を開設し今に至っています。

ですから、祖父から杉山産婦人科を引き継いだ後に、2つのクリニックと現在の総合産婦人科としての杉山産婦人科、丸の内の分院の4つを作ったことになります。

田中温先生から非常に多くのことを学ぶ

東京医科大学で体外受精に取り組んでいた時代はまだ体外受精自体が珍しく、術数も多くて週2回位しかなかったので、更に勉強がしたいと思い北九州市のセントマザー産婦人科に半年間の国内留学をしました。

院長の田中温先生は体外受精では日本で屈指の著名な医師で、そこには全国各地から患者さんが来院され、当時でも毎日20人から30人ほどの体外受精を行っていました。

田中先生とは私の祖父の縁で、普通ではありえない半年間の住み込み研修を受けさせてもらいましたが、先生からは、こんな事は最初で最後と言われたのを覚えています。

あっという間の半年間でしたが、田中先生と生活も共にする中で、非常に多くのことを学び多大な影響を受けました。

(続く)

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者/編集者

杉山力一
杉山力一 杉山産婦人科 院長 

医療法人社団杉四会 理事長 杉山産婦人科院長 平成6年東京医科大学卒業、平成10年北九州市のセントマザー産婦人科で6ヶ月間の研修を受ける、平成12年杉山レディスクリニック開院、平成19年産婦人科総合施設として杉山産婦人科開院、平成22年杉山産婦人科丸の内開院、平成30年1月杉山産婦人科新宿新病院開院予定。

この連載について

杉山力一氏インタビュー:不妊ドックに力を入れる不妊治療専門医 

連載の詳細

アカウント登録

話題のニュース

more

平成18年の介護保険制度見直しで、悪性腫瘍の第二号被保険者への介護保険適用を実現させる 平成16年と平成17年に、厚生労働省から介護保険制度の中 ...