杉山産婦人科 院長  杉山力一 氏
連載杉山力一氏インタビュー:不妊ドックに力を入れる不妊治療専門医 

#02 杉山力一氏「産科医の成り手が少ないのは、産科医がハッピーには見えないから。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山産婦人科は、60年の歴史で培った経験と最先端医療を融合させ、生殖医療科(不妊治療/内視鏡手術)と産科婦人科(分娩)の機能を兼ね備えた国内屈指の産婦人科医院だ。 杉山力一院長は「ご妊娠/ご出産という人生最大のイベントに立ち会える幸せを改めて胸に刻み、「Every Patient here is a VIP(当院の患者様はすべてVIPです)」をモットーに皆様と夢を共感して参ります。」と語る。 生殖医療専門医、内視鏡技術認定医、培養士、産科専門医、麻酔専門医、小児科医、看護師、受付スタッフの全員が不妊治療に携わり、生殖医療科では休診なしでの診療を行っている。 (『ドクタージャーナル Vol.8』より 取材・構成:絹川康夫、写真:安田知樹、デザイン:坂本諒)

お産の安全神話の危うさ

-産科医は、「新しい生命の誕生に立ちあう」という崇高な仕事だと思います。しかし一方で、勤務の過酷さや訴訟のリスクの高さという負の側面ばかりが目立っているような気がします。日本の産婦人科の数は医師全体の5%なのに、訴訟の数は医療訴訟全体の12%を占めるというようなデータもあり、分娩時に不具合が生じた場合は全て”医師のせい”と考える風潮があるようにも感じます。特に福島県立大野病院産科医の不当逮捕事件は地域医療に貢献していた医師の意欲を低下させ、またリスクに対しての萎縮を招いたと言われ、地域における産科医療を崩壊させかねないとして、当時の一部マスコミや警察が非難されました。-

「子供は無事に産まれるのが当たり前」というお産の安全神話がありますが、そのような世間の思い込みが産科の難しさになっていると思います。

確かにお産は安全であるべきですし、実際に日本におけるお産の安全性は世界でトップクラスです。

しかし安全神話が一人歩きすると、医師にある種のバイアスがかかり、分娩時のトラブルを予防する目的で帝王切開が積極的に行われるようになる事などもあるでしょう。現実には帝王切開だって、100%安全というわけではないのですが。

産科医を目指す医師は少なくなっている

産科医に限った事ではないですが、今の時代は患者さんとの人間関係がとても難しくなっています。

特に産科では、一生懸命にやっても結果が悪いと急に裁判を起こされたりすることがある。時には犯罪者扱いされたりします。患者さんの立場になったらその気持ちも判らないではないですが、しかし産科医にとっては難しい時代になっています。

お産ではいろいろな事が起きますから気を抜けません。中には重篤な既往症を持っている妊婦さんもいます。

いま産科医の成り手が少ないのは傍から見ていて産科医がハッピーには見えないからだと思います。

実際に産科医を目指す医師も少なくなっていますし、それまで産科をしていた医師たちの中にも、福島のあの事件があってから産科医をやめているというケースも多いのです。

昔の体外受精とは

昔の体外受精では、凍結技術が無かったために1回の施術で受精卵を使い切っていました。一度に2つ、3つと複数の卵子を子宮に戻していましたので1回での妊娠率は高いのですが、双子や三つ子が多いというのが特徴でした。

今は双子を防ごうとしますので1回の施術で卵子を1つずつしか戻しません。受精卵を凍結してその都度使うようになっていますので受精卵が無駄になることもありません。

しかし時には一人の患者さんの施術数が多数回に及ぶこともあり、時間や費用の面で途中で挫折したり諦めたりしてしまう方も多くおられます。

確かに1回あたりの妊娠する確率では昔の方が高かったと思いますが、トータルで見れば体外受精で妊娠されている患者さんの総数は現在の方が多いです。

妊娠と出産を分業にするのは良くない

当時は体外受精による双子の出産も多かったので、お産の時には産科医はそれこそ夜を徹して妊婦さんの出産に立ち会うことも多く大変な激務でした。そんな産科医の姿をセントマザー産婦人科でもたくさん目にしました。

私の専門は体外受精ですが、今も産科医院としているのは、セントマザー産婦人科で研修を受けていた時に田中先生から、

「妊娠と出産を分業にするのは良くない。産科医であるならば妊娠から出産まで責任を持って患者さんを診るべきだ。」

と指導されたことと、産婦人科医としての田中先生の姿勢に感銘を受けたからです。

しかし実際に病床を持つ産婦人科を継続するためには、専門スタッフを集めるのも大変ですし、施設も充実させなければならないので、何度も産科を辞めて不妊クリニック専門にしようかと悩んだこともありました。

でも今は、妊娠だけで終わるのではなく、妊娠から出産まで、さらにできれば小児科の前半くらいまでは1つのクリニックの中で使命感と責任を持って患者さんを診ることができるようになるのが、杉山産婦人科のあるべき姿だと思っています。

(続く)

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者/編集者

杉山力一
杉山力一 杉山産婦人科 院長 

医療法人社団杉四会 理事長 杉山産婦人科院長 平成6年東京医科大学卒業、平成10年北九州市のセントマザー産婦人科で6ヶ月間の研修を受ける、平成12年杉山レディスクリニック開院、平成19年産婦人科総合施設として杉山産婦人科開院、平成22年杉山産婦人科丸の内開院、平成30年1月杉山産婦人科新宿新病院開院予定。

この連載について

杉山力一氏インタビュー:不妊ドックに力を入れる不妊治療専門医 

連載の詳細

アカウント登録

話題のニュース

more