最新記事/ニュース

記事一覧を見る
朱永真

朱クリニック院長

朱 永真

連載朱永真氏インタビュー:西洋医学と東洋医学、自然療法を結集した統合医療によって心身をトータルケアする

#03 さまざまなことに対応できる幅の広い医療が必要とされています

ドクタージャーナル編集部 2019.06.12

情報を集めて、良い方法を探っていく 患者は、どの診療科目にかかったら良いのか判らないことがある。病院に行っても薬を処方されるだけの事もある。しか ...

朱永真

朱クリニック院長

朱 永真

連載朱永真氏インタビュー:西洋医学と東洋医学、自然療法を結集した統合医療によって心身をトータルケアする

#02 EBMに基づいた治療は、統合医療においても必要だと考えます

ドクタージャーナル編集部 2019.06.10

西洋医学、漢方、自然療法で治療に取り組む 朱クリニックでは、西洋医学の診療科目のほかに、漢方、自然療法に取り組んでいる。 行っている自然療法は、 ...

朱永真

朱クリニック院長

朱 永真

連載朱永真氏インタビュー:西洋医学と東洋医学、自然療法を結集した統合医療によって心身をトータルケアする

#01 西洋医学で足りない部分を補うアプローチが大事であると考えるようになった。

ドクタージャーナル編集部 2019.06.07

自然治癒力で身体のバランスを整える 「外科を10年間、救命救急に5年間勤務して、西洋医学の集中治療の凄さを見てきました。モニタリングにより数値で ...

足利赤十字病院

日本赤十字社 足利赤十字病院 院長

小松本 悟

連載医師の視点で医師中心の医療経営戦略を推進し、地域医療に貢献する。

#05 医療タウンともいうべき地域の一大拠点となっている足利赤十字病院。

小松本悟 2019.06.03

役割分担で、地域完結型の医療体制を作る 地域医療連携の一環として、健診病棟の1階には休日夜間急患診療所が設置されており、足利市医師会が業務委託で ...

小松本悟

日本赤十字社 足利赤十字病院 院長

小松本 悟

連載医師の視点で医師中心の医療経営戦略を推進し、地域医療に貢献する。

#04 社会ニーズや地域に即して総合的に経営判断をおこなうことが重要です。

小松本悟 2019.05.31

常に患者さんに目を向けた経営戦略が重要 小松本院長が就任してから最優先の課題としたのは、医療職の増員、診療科の増設とそれにともなう医師の増員であ ...

足利赤十字病院

日本赤十字社 足利赤十字病院 院長

小松本 悟

連載医師の視点で医師中心の医療経営戦略を推進し、地域医療に貢献する。

#03 全てに緻密な計画性を施し、患者さんと自然に優しく、災害に強い病院を目指す。

小松本悟 2019.05.29

自然にやさしく災害に強い病院として 足利赤十字病院の駐車場に設置された風力発電の風車4台は、トリアージカラーで今や同病院のシンボル的存在である。 ...

足利赤十字病院

日本赤十字社 足利赤十字病院 院長

小松本 悟

連載医師の視点で医師中心の医療経営戦略を推進し、地域医療に貢献する。

#02 医療の付加価値額を少しでも増やすように全員で努めなければならない。

小松本悟 2019.05.27

付加価値額の向上を図ってCJ経営に取組む 足利赤十字病院は「患者のみなさんがかかってよかった、職員の一人ひとりが勤めてよかったといえる病院を創り ...

認知症

一覧を見る
山口晴保

認知症介護研究・研修東京センター長

山口 晴保

連載山口晴保氏インタビュー:患者さんや家族のQOLを高めることが認知症の実践医療

#09 山口晴保氏 「いままでの長寿礼賛から、これからは豊かに生きることへの価値観の転換が必要」

ドクタージャーナル編集部 2019.03.15

長寿ゆえに増える認知症 予防をすれば認知症は減らせると思っている人たちがいます。 残念ながら現時点では、一部の認知症を除いて認知症を完全に予防す ...

宮永和夫

南魚沼市病院事業管理者

宮永 和夫

連載宮永和夫氏インタビュー:若年認知症の最大の課題とは

#05 宮永和夫氏「認知症で悩む人が少しでも減るような活動に取り組んでいきたい。」

ドクタージャーナル編集部 2018.12.07

― 宮永先生は、多くの若年認知症家族会の立ち上げに関わってこられていますが ― 若年認知症家族会は癒しの場でもあると同時に、家族同士だからこそ医 ...

樋口直美

「私の脳で起こったこと レビー小体型認知症からの復活」 著者

樋口 直美

連載樋口直美氏:認知症を巡る問題の多くは、病気そのものが原因ではなく、人災のように感じています。

#02 樋口直美氏「悲しみ、悔しさ、孤独、不安、絶望を、認知症の本人になって初めて知りました。」

ドクタージャーナル編集部 2018.11.23

私は幻視を精神症状ともBPSDとも思いません。 幻視は、本物にしか見えません。透けてもぼやけてもいませんから、消えない限り、本物との区別はつきま ...

終身契約の施設から80代で出されたワケ – ライブドアニュース

http://news.livedoor.com 2019.05.04
  • atsushi_moriguchi

    森口 株式会社A&PRO President & CEO

    有料老人ホームは、価格・サービスが様々。 施設側・入居者側それぞれがニーズ・経済状況に合わせて、ある程度選択できることは健全。 また選択した責任を互いに認識することも大切。 ただし、入居時の約束を守らない施設があるとしたら、大きな問題。 入居者にとっては精神面・肉体面・経済面などスイッチングコストが高いサービス。 しかも、弱い立場の入居者にとっては、施設側の理不尽に対して泣き寝入りせざるを得ないケースもある。 ※現状では施設ケアマネが中立的な役割を果たしづらいケースもある。 理不尽な施設から入居者を守る仕組みを強化する必要がある。

「地域との繋がり」が、生活意欲の低下と認知症発症に関連か。 認知症「超」早期発見のための実証結果発表。 アグリマス株式会社が、大森医師会、徳島大学大学院医歯薬学研究部と連携。 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)

朝日新聞デジタル&M(アンド・エム) 2019.04.19
  • Sakamoto Ryo

    鉄摂取量、歯周病の原因菌、いつでも運動ができる集いの場など色々なアプローチがある。今後の研究にも期待したい。

一宮市:福祉施設に麻雀ゲーム機導入 コナミ無償提供 | 高齢者ニュース.com

高齢者ニュース.com | 高齢ニュースの最新情報を発信していきます。 2019.04.19
  • atsushi_moriguchi

    森口 株式会社A&PRO President & CEO

    以前訪問した施設は、入居者もスタッフも笑顔がなく、ご家族が不安がっていた。 高齢者も遊びたいし、遊び心は健康を維持する上で重要。 理想は、人とのコミュニケーションを通じてのレクリエーションだが、 スタッフ不足であれば、高齢者に適したゲーム機を活用することも大切な考え。

在宅医療

一覧を見る
鈴木央

鈴木内科医院 院長

鈴木 央

連載鈴木央氏インタビュー:緩和ケアや在宅医療の目標とは、QOLを高め、生活を支えること

#06 鈴木央氏: 緩和ケアの草分け的存在の鈴木荘一氏と、近代ホスピスの母シシリー・ソンダース

ドクタージャーナル編集部 2019.02.08

鈴木 荘一氏 (1930年~2014年) 1954年東京医科歯科大学医学部卒業。1955年東京厚生年金病院内科勤務。 1961年に現在地(大田区 ...

高瀬義昌

医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 院長

高瀬 義昌

連載高瀬義昌氏インタビュー:在宅医療のフィールドを使ったハイパフォーマンスヘルスケア

#07 高瀬義昌氏:認知症の人が認知症の人を介護する認認介護

ドクタージャーナル編集部 2019.01.25

NPO法人オレンジアクトで「認知症に備えるアプリ」を無料配信する ― 髙瀬義昌氏が理事長を務める、認知症の早期対応・備える努力を啓発するボランテ ...

新田國夫

新田クリニック 院長

新田 國夫

連載新田國夫氏インタビュー: 高齢者と認知症の在宅診療で取り組む地域住民のための医療

#05 新田國夫氏:患者さんが望む生活を支援する在宅医療

ドクタージャーナル編集部 2019.01.09

これまでの日本における在宅医療の取り組み それまでは、各種の活動団体がそれぞれ独自に在宅医療に取り組んできましたが、時代の状況から日本医師会でも ...

現場リポート

一覧を見る
病院がプラネタリウム

星空工房アルリシャ 代表

高橋 真理子

連載病院がプラネタリウム 難病や長期入院中の子供達、被災地の子供達に「星空」を届ける

#04 星は、私たちに夢や希望を与える。生きろといわんばかりに。

ドクタージャーナル編集部 2019.04.26

自然は傷ついた人を癒す力を持つ。 『星に向かって語りかけても、何も答えはしない。何かをくれるわけでもない。しかし、星は、何故か私たちに夢や希望を ...

樋口直美

「私の脳で起こったこと レビー小体型認知症からの復活」 著者

樋口 直美

連載樋口直美氏:認知症を巡る問題の多くは、病気そのものが原因ではなく、人災のように感じています。

#02 樋口直美氏「悲しみ、悔しさ、孤独、不安、絶望を、認知症の本人になって初めて知りました。」

ドクタージャーナル編集部 2018.11.23

私は幻視を精神症状ともBPSDとも思いません。 幻視は、本物にしか見えません。透けてもぼやけてもいませんから、消えない限り、本物との区別はつきま ...

james mckillpe
ジェームズ・マキロップ

連載―認知症レポート―「私たちはいかにして『声』を獲得したか」

#03 2014年に、国内初の認知症本人による「日本認知症ワーキンググループ」が立ち上がる。

ドクタージャーナル編集部 2018.11.05

「日本認知症ワーキンググループ」 日本では2014年10月11日、佐藤雅彦氏、中村成信氏、藤田和子さんの3人が共同代表となって、国内初の認知症本 ...

藤田和子さんと永田久美子さん

『認知症になってもだいじょうぶ!』著者

藤田 和子

連載藤田和子氏:しなやかさと力強さで創る認知症になってもだいじょうぶな社会

#05 藤田和子氏「認知症のことについて決めるときに、 私たちを抜きに決めないで!」

ドクタージャーナル編集部 2017.09.05

最後に登壇したのは認知症介護研究・研修東京センター研究部長の永田久美子さん。 「最初にクローバーの会で藤田さんに会った時に、“私たちのことを私た ...

話題のニュース

more