最新記事・ニュース

記事一覧を見る
小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#06 一人でも多くの人にレビー小体型認知症を知ってほしいと願います。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.19

「レビー小体型認知症研究会」を立ち上げる。 2006年11月に横浜で国際ワークショップが開催されたのを機会に、翌2007年、国内においてレビー小 ...

医療とテクノロジーの未来:「生命の不平等」とも向き合う覚悟を

MITテクノロジーレビュー 2018.11.16
  • 1

    坂本

    技術を扱う人にとっても、そうでなくても難しい問い。 “これらの記事が共通して提示している問題はシンプルだ。医療に不平等が存在しているのは既知の事実として、不平等をどの程度まで容認すべきなのだろうか? ということである。”
小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#05 理解することから始まるのが、レビー小体型認知症のケアです。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.16

患者さんはよくわかっています。 私の医師としての信念とは、「患者さんをしっかりと診る」の一言に尽きます。  ある90歳のレビー小体型認知症の老婦 ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#04 レビー小体型認知症は、家族やケアスタッフが気付いているほうが多い。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.14

医師よりも家族やケアスタッフが気付いていることが多い。 レビー小体型認知症の特徴について、医者よりも家族のほうが判っていることが多い。  何故か ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#03 実はレビー小体型認知症の患者さんは多いにもかかわらず、誤診が多い。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.12

認知症という病名に引きずられてしまう。 レビー小体型認知症(DLB)という病名を付けたこと自体が問題といえます。私が提唱した、びまん性レビー小体 ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#02 「レビー小体型認知症」を世界が認めるまでに、最初に報告してから20年かかりました。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.09

世界に認められるまでは、苦闘の連続でした。 1978年には、3例の剖検による大脳皮質に存在するレビー小体の研究を報告しました。その後、アルツハイ ...

感染症内科医が伝えたいインフルエンザの治療薬について

MEDLEY(メドレー) 2018.11.09
  • dj-master

    坂本

    多くの人にとってインフルエンザの検査や治療薬は必須ではなく、体を休めることが大切のようです。 「インフルエンザになったときくらい、たまには自宅でゆっくりしていても良いのではないでしょうか・・・。」
小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#01 1976年、世界で初めて大脳皮質にも多数のレビー小体が出現する認知症を報告する。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.07

島薗安雄教授に感銘を受け神経病理学に進む。 私が医師を目指したきっかけは、小学生の頃に読んだ、赤十字の父アンリデュナンの伝記に感銘を受け、医者の ...

認知症

一覧を見る
小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#06 一人でも多くの人にレビー小体型認知症を知ってほしいと願います。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.19

「レビー小体型認知症研究会」を立ち上げる。 2006年11月に横浜で国際ワークショップが開催されたのを機会に、翌2007年、国内においてレビー小 ...

james mckillpe
ジェームズ・マキロップ

連載―認知症レポート―「私たちはいかにして『声』を獲得したか」

#03 2014年に、国内初の認知症本人による「日本認知症ワーキンググループ」が立ち上がる。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.05

「日本認知症ワーキンググループ」 日本では2014年10月11日、佐藤雅彦氏、中村成信氏、藤田和子さんの3人が共同代表となって、国内初の認知症本 ...

藤田和子さんと永田久美子さん

『認知症になってもだいじょうぶ!』著者

藤田 和子

連載しなやかさと力強さで創る認知症になってもだいじょうぶな社会

#05 認知症のことについて決めるときに、 私たちを抜きに決めないで!

ドクタージャーナルオンライン編集部 2017.09.05

最後に登壇したのは認知症介護研究・研修東京センター研究部長の永田久美子さん。 「最初にクローバーの会で藤田さんに会った時に、“私たちのことを私た ...

「高級有料老人ホーム」でも虐待は起こり得る | 家庭

東洋経済オンライン 2018.10.12
  • 森口 敦

    森口

    「介護の質は施設長次第。利用者が施設見学をして施設長もよさそうだという理由で入居しても、施設長が異動すると途端にダメな施設になることはよくあります。」 重要。 数年で人事異動を繰り返すような大手施設は慎重に判断。

在宅医療

一覧を見る
高橋昭彦

ひばりクリニック院長

高橋 昭彦

連載本人だけでなくその家族も支えることが小児在宅医療だと思っています

#07 障がいを持った人と一般の人たちが、理解して認め合い共生する世の中にしたい。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.10.26

まだまだやりたいことが沢山あります。 一つ目には、障がいを持った子どもと健常児の子どもが一緒に遊び、お互いに刺激を受け合える統合型の保育園を作り ...

英裕雄

新宿ヒロクリニック院長

英 裕雄

連載在宅医療で培った医療資源を外来診療に活かし地域のかかりつけ医を目指す

#07 在宅医療機関は、地域の人たちが抱える様々な問題のソリューションを提供できます。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2017.09.12

患者さんが地域に戻ってきた時に、一人でも安心して暮らせる体制づくりが必要です。 そのためには地域も努力し、病院とかかりつけ医の間での患者さんの情 ...

現場リポート

一覧を見る
james mckillpe
ジェームズ・マキロップ

連載―認知症レポート―「私たちはいかにして『声』を獲得したか」

#03 2014年に、国内初の認知症本人による「日本認知症ワーキンググループ」が立ち上がる。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.05

「日本認知症ワーキンググループ」 日本では2014年10月11日、佐藤雅彦氏、中村成信氏、藤田和子さんの3人が共同代表となって、国内初の認知症本 ...

藤田和子さんと永田久美子さん

『認知症になってもだいじょうぶ!』著者

藤田 和子

連載しなやかさと力強さで創る認知症になってもだいじょうぶな社会

#05 認知症のことについて決めるときに、 私たちを抜きに決めないで!

ドクタージャーナルオンライン編集部 2017.09.05

最後に登壇したのは認知症介護研究・研修東京センター研究部長の永田久美子さん。 「最初にクローバーの会で藤田さんに会った時に、“私たちのことを私た ...

話題のニュース

more