最新記事・ニュース

記事一覧を見る
高瀬義昌

医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 院長

高瀬 義昌

連載在宅医療のフィールドを使った ハイパフォーマンスヘルスケアを提供する。

#06 高瀬義昌氏「システム・スタビライザーが必要」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2019.01.23

システム・スタビライザーが私の役割 在宅医療や地域包括ケアが上手く機能するためには、そのシステムを安定化させるためのカギがどこにあるのかを探り、 ...

高瀬義昌

医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 院長

高瀬 義昌

連載在宅医療のフィールドを使った ハイパフォーマンスヘルスケアを提供する。

#05 高瀬義昌氏「在宅医療はレスキューシステムです。」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2019.01.21

在宅診療の卒業式 私たちは、在宅の患者さんで一人では歩けなかったり食事ができなかった方が自分でできるようになった時には、在宅診療の卒業式をしてい ...

高瀬義昌

医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 院長

高瀬 義昌

連載在宅医療のフィールドを使った ハイパフォーマンスヘルスケアを提供する。

#04 高瀬義昌氏「薬を整理することでQOLと身体機能が上がる。」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2019.01.18

薬を整理することで症状をコントロールする 在宅医療では、薬(医療)が2割、ケア(介護)が8割というのが、私の持論です。 薬を整理し、時には減らす ...

高瀬義昌

医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 院長

高瀬 義昌

連載在宅医療のフィールドを使った ハイパフォーマンスヘルスケアを提供する。

#03 高瀬義昌氏「在宅医療では認知症は避けて通れない。」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2019.01.16

大田区に在宅医療クリニックを開業 その後、東京都荒川区の病院で院長をしていた時に、在宅医療と出会いました。そこでは外来に加えて往診も行っていまし ...

高瀬義昌

医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 院長

高瀬 義昌

連載在宅医療のフィールドを使った ハイパフォーマンスヘルスケアを提供する。

#02 高瀬義昌氏:家族療法におけるリフレーミング技法。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2019.01.14

リフレーミングを経験する 小児科医として勤務していた時に家族療法の一法としてリフレーミングを勉強しました。 両親が不仲な小児喘息の患者さんがいま ...

高瀬義昌

医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 院長

高瀬 義昌

連載在宅医療のフィールドを使った ハイパフォーマンスヘルスケアを提供する。

#01 高瀬義昌氏「患者の家族も治療の対象として考える。」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2019.01.11

プロローグ 私は思春期に趣味でロックやジャズバンドなどの音楽演奏に熱中していました。それは、中学時代から、実は医学部を卒業するまで続きました。 ...

認知症

一覧を見る
宮永和夫

南魚沼市病院事業管理者

宮永 和夫

連載宮永和夫氏インタビュー:若年認知症の最大の課題とは

#05 宮永和夫氏「認知症で悩む人が少しでも減るような活動に取り組んでいきたい。」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.12.07

― 宮永先生は、多くの若年認知症家族会の立ち上げに関わってこられていますが ― 若年認知症家族会は癒しの場でもあると同時に、家族同士だからこそ医 ...

樋口直美

「私の脳で起こったこと レビー小体型認知症からの復活」 著者

樋口 直美

連載樋口直美氏:認知症を巡る問題の多くは、病気そのものが原因ではなく、人災のように感じています。

#02 樋口直美氏「悲しみ、悔しさ、孤独、不安、絶望を、認知症の本人になって初めて知りました。」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.23

私は幻視を精神症状ともBPSDとも思いません。 幻視は、本物にしか見えません。透けてもぼやけてもいませんから、消えない限り、本物との区別はつきま ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載小阪憲司氏インタビュー:レビー小体型認知症の最大の問題は医師の誤診

#06 小阪憲司氏「一人でも多くの人にレビー小体型認知症を知ってほしいと願います。」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.19

「レビー小体型認知症研究会」を立ち上げる。 2006年11月に横浜で国際ワークショップが開催されたのを機会に、翌2007年、国内においてレビー小 ...

入院中に家族が認知症かもと疑う「意外な症状」の正体

ダイヤモンド・オンライン 2018.12.21
  • dj-master

    坂本

    せん妄は急性期病院へ入院する患者の約3割に見られるほど、ありふれているそうですが、あまり知られていない。周りが慌てないために、まずはどんな症状なのか知っておくと良いですね。

在宅医療

一覧を見る
高瀬義昌

医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 院長

高瀬 義昌

連載在宅医療のフィールドを使った ハイパフォーマンスヘルスケアを提供する。

#06 高瀬義昌氏「システム・スタビライザーが必要」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2019.01.23

システム・スタビライザーが私の役割 在宅医療や地域包括ケアが上手く機能するためには、そのシステムを安定化させるためのカギがどこにあるのかを探り、 ...

新田國夫

新田クリニック 院長

新田 國夫

連載新田國夫氏インタビュー:開院以来25年以上、 高齢者と認知症の在宅診療で地域住民のための医療に取り組む。

#05 新田國夫氏:患者さんが望む生活を支援する在宅医療

ドクタージャーナルオンライン編集部 2019.01.09

これまでの日本における在宅医療の取り組み それまでは、各種の活動団体がそれぞれ独自に在宅医療に取り組んできましたが、時代の状況から日本医師会でも ...

高橋昭彦

ひばりクリニック院長

高橋 昭彦

連載高橋昭彦氏インタビュー:本人だけでなく家族も支える小児在宅医療とは

#07 高橋昭彦氏「障がいを持った人と一般の人たちが、 理解して認め合い共生する世の中にしたい。」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.10.26

まだまだやりたいことが沢山あります。 一つ目には、障がいを持った子どもと健常児の子どもが一緒に遊び、お互いに刺激を受け合える統合型の保育園を作り ...

現場リポート

一覧を見る
樋口直美

「私の脳で起こったこと レビー小体型認知症からの復活」 著者

樋口 直美

連載樋口直美氏:認知症を巡る問題の多くは、病気そのものが原因ではなく、人災のように感じています。

#02 樋口直美氏「悲しみ、悔しさ、孤独、不安、絶望を、認知症の本人になって初めて知りました。」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.23

私は幻視を精神症状ともBPSDとも思いません。 幻視は、本物にしか見えません。透けてもぼやけてもいませんから、消えない限り、本物との区別はつきま ...

james mckillpe
ジェームズ・マキロップ

連載―認知症レポート―「私たちはいかにして『声』を獲得したか」

#03 2014年に、国内初の認知症本人による「日本認知症ワーキンググループ」が立ち上がる。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.05

「日本認知症ワーキンググループ」 日本では2014年10月11日、佐藤雅彦氏、中村成信氏、藤田和子さんの3人が共同代表となって、国内初の認知症本 ...

藤田和子さんと永田久美子さん

『認知症になってもだいじょうぶ!』著者

藤田 和子

連載藤田和子氏:しなやかさと力強さで創る認知症になってもだいじょうぶな社会

#05 藤田和子氏「認知症のことについて決めるときに、 私たちを抜きに決めないで!」

ドクタージャーナルオンライン編集部 2017.09.05

最後に登壇したのは認知症介護研究・研修東京センター研究部長の永田久美子さん。 「最初にクローバーの会で藤田さんに会った時に、“私たちのことを私た ...

話題のニュース

more