渡邉直人

NPO法人東京アレルギー・呼吸器疾患研究所 副所長

渡邉 直人

連載渡邉直人氏インタビュー:NPO法人を設立し、アレルギー・呼吸器疾患の予防および診断・治療の普及に取り組む

#01 開業医でも取り組めるアレルギー・呼吸器疾患治療のガイドラインを作りたかった

ドクタージャーナル編集部 2019.03.18

人と接する仕事がしたかった 私は、人と接する仕事を通じて多くの人の役に立ちたいと思いました。弁護士や教師の仕事も考えましたが、いろいろな人と分け ...

山口晴保

認知症介護研究・研修東京センター長

山口 晴保

連載山口晴保氏インタビュー:患者さんや家族のQOLを高めることが認知症の実践医療

#01 山口晴保氏:認知症を脳病変、症状、生活の三つの視点で捉え、地域の医療連携に取り組む。

ドクタージャーナル編集部 2019.02.25

病理学、神経内科、リハビリの三つの視点 1976年に群馬大学医学部を卒業後、基礎研究の分野を志し大学院で神経病理学を学んだ後に、平井俊策教授との ...

杉山力一

杉山産婦人科 院長

杉山 力一

連載杉山力一氏インタビュー:不妊ドックに力を入れる不妊治療専門医 

#01 杉山力一氏:生殖医療科と産科婦人科の機能を兼ね備えた国内屈指の産婦人科医院を作り上げる

ドクタージャーナル編集部 2019.02.11

60年の歴史で培われた産婦人科病院の経験 杉山産婦人科は、祖父が約60年前に東京都杉並区和泉に開業しました。 祖父の信条として、私が幼少の頃の杉 ...

鈴木央

鈴木内科医院 院長

鈴木 央

連載鈴木央氏インタビュー:緩和ケアや在宅医療の目標とは、QOLを高め、生活を支えること

#01 鈴木央氏:1977年から緩和ケアに取り組み、在宅ターミナルケアの先駆的な存在といわれる。

ドクタージャーナル編集部 2019.01.28

もっと終末期患者の苦痛に目を向けるべき ― 1961年に鈴木内科医院を開設されたお父上の鈴木荘一先生は、1977年から緩和ケアをスタートされ、我 ...

高瀬義昌

医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 院長

高瀬 義昌

連載高瀬義昌氏インタビュー:在宅医療のフィールドを使ったハイパフォーマンスヘルスケア

#01 高瀬義昌氏「患者の家族も治療の対象として考える。」

ドクタージャーナル編集部 2019.01.11

プロローグ 私は思春期に趣味でロックやジャズバンドなどの音楽演奏に熱中していました。それは、中学時代から、実は医学部を卒業するまで続きました。 ...

新田國夫

新田クリニック 院長

新田 國夫

連載新田國夫氏インタビュー: 高齢者と認知症の在宅診療で取り組む地域住民のための医療

#01 新田國夫氏:在宅医療を求めている患者さんの多くが、高齢者と認知症の人だということに気づく。

ドクタージャーナル編集部 2018.12.31

― 新田先生は4半世紀以上に及び在宅医療に取り組まれています。当時としてはまだ珍しかったと思われますが、そのきっかけとは何だったのでしょうか。  ...

田中志子

群馬県認知症疾患医療センター内田病院 センター長

田中 志子

連載田中志子氏インタビュー:生まれ故郷をこよなく愛し、大好きな慢性期医療に取り組む

#01 田中志子氏「慢性期医療は、かかりつけ医として長い間、患者さんと関わっていく医療です。」

ドクタージャーナル編集部 2018.12.10

あくまでも、かかりつけ医でありたい。と思っています。 私は子どもの頃から医師になるつもりはありませんでした。父の強い勧めで半ば強制的に医学部を目 ...

宮永和夫

南魚沼市病院事業管理者

宮永 和夫

連載宮永和夫氏インタビュー:若年認知症の最大の課題とは

#01 宮永和夫氏「若年認知症は20年以上前から見つかっていましたが、国の対応はされないままでした。」

ドクタージャーナル編集部 2018.11.28

若年の認知症は20年以上前から見つかっていました。 平成元年から大和病院で認知症の疫学調査を始めました。また平成3年から6年までは群馬県の仕事で ...

樋口直美

「私の脳で起こったこと レビー小体型認知症からの復活」 著者

樋口 直美

連載樋口直美氏:認知症を巡る問題の多くは、病気そのものが原因ではなく、人災のように感じています。

#01 樋口直美氏「認知症を病名のように使うことが、誤解と偏見を助長していると私は思います。」

ドクタージャーナル編集部 2018.11.21

― 前書きより ― 「認知症」と診断された人の脳内では、何が起こり、本人は、それをどう感じているでしょう? この本はこれらを記録した私の日記です ...