小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#06 一人でも多くの人にレビー小体型認知症を知ってほしいと願います。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.19

「レビー小体型認知症研究会」を立ち上げる。 2006年11月に横浜で国際ワークショップが開催されたのを機会に、翌2007年、国内においてレビー小 ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#05 理解することから始まるのが、レビー小体型認知症のケアです。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.16

患者さんはよくわかっています。 私の医師としての信念とは、「患者さんをしっかりと診る」の一言に尽きます。  ある90歳のレビー小体型認知症の老婦 ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#04 レビー小体型認知症は、家族やケアスタッフが気付いているほうが多い。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.14

医師よりも家族やケアスタッフが気付いていることが多い。 レビー小体型認知症の特徴について、医者よりも家族のほうが判っていることが多い。  何故か ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#03 実はレビー小体型認知症の患者さんは多いにもかかわらず、誤診が多い。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.12

認知症という病名に引きずられてしまう。 レビー小体型認知症(DLB)という病名を付けたこと自体が問題といえます。私が提唱した、びまん性レビー小体 ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#02 「レビー小体型認知症」を世界が認めるまでに、最初に報告してから20年かかりました。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.09

世界に認められるまでは、苦闘の連続でした。 1978年には、3例の剖検による大脳皮質に存在するレビー小体の研究を報告しました。その後、アルツハイ ...

小坂憲司

横浜市立大学名誉教授

小阪 憲司

連載レビー小体型認知症の最大の問題は、 医師による誤診が多いということです。

#01 1976年、世界で初めて大脳皮質にも多数のレビー小体が出現する認知症を報告する。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.11.07

島薗安雄教授に感銘を受け神経病理学に進む。 私が医師を目指したきっかけは、小学生の頃に読んだ、赤十字の父アンリデュナンの伝記に感銘を受け、医者の ...

高橋昭彦

ひばりクリニック院長

高橋 昭彦

連載本人だけでなくその家族も支えることが小児在宅医療だと思っています

#07 障がいを持った人と一般の人たちが、理解して認め合い共生する世の中にしたい。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.10.26

まだまだやりたいことが沢山あります。 一つ目には、障がいを持った子どもと健常児の子どもが一緒に遊び、お互いに刺激を受け合える統合型の保育園を作り ...

高橋昭彦

ひばりクリニック院長

高橋 昭彦

連載本人だけでなくその家族も支えることが小児在宅医療だと思っています

#06 医療的ケア児が、地域と世の中を変えていく。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.10.24

医療側の課題とは。 医療的ケアを必要としている子どもたちに関わる医師がまだまだ少ないことだと思います。小児在宅医療においてはさらに少ないです。で ...

高橋昭彦

ひばりクリニック院長

高橋 昭彦

連載本人だけでなくその家族も支えることが小児在宅医療だと思っています

#05 小児在宅医療の現状と課題
〜10年間で7,675名も増えている医療的ケア児〜

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.10.22

小児在宅医療の現状 寝たきり患者等の家に医師が出向いて診療を行うのが在宅医療ですが、基本的には高齢者の在宅医療も小児の在宅医療もかわりません。 ...

高橋昭彦

ひばりクリニック院長

高橋 昭彦

連載本人だけでなくその家族も支えることが小児在宅医療だと思っています

#04 地域で支援を必要とする人たちに寄り添い、社会活動にも幅広く奔走する。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.10.19

認定特定非営利活動法人だいじょうぶ 私が理事を務めるこのNPO法人だいじょうぶは、子どもの貧困対策の活動を行っています。 母子家庭の中には、子ど ...

ひばりクリニック

ひばりクリニック院長

高橋 昭彦

連載本人だけでなくその家族も支えることが小児在宅医療だと思っています

#03 レスパイトケア施設「うりずん」をスタートさせる。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.10.17

家族全員に目を向けることの大切さ。 母親はどうしても障がいのある子どもの世話に目が向きがちです。ともすると他の兄弟姉妹は後回しになってしまい、寂 ...

ひばりクリニック

ひばりクリニック院長

高橋 昭彦

連載本人だけでなくその家族も支えることが小児在宅医療だと思っています

#02 育児とは、世の中全体で子どもを育てるということではないでしょうか。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2018.10.15

2002年5月、宇都宮市でひばりクリニックを開業。 ようやく無事に帰国できてから、2週間じっくり考えて開業の決意を固めました。 シスタービンセン ...

高橋昭彦

ひばりクリニック院長

高橋 昭彦

連載本人だけでなくその家族も支えることが小児在宅医療だと思っています

#01 へき地医療での経験が、私にとっての在宅医療の原点となっています。

ドクタージャーナルオンライン編集部 2017.09.13

へき地の診療所で始めた定期訪問診療で多くのことを学びました。 私は滋賀県で教員の父と看護師の母のもとで育ちました。母の影響もあって中学時代から漠 ...