[老いをどこで]支える「多様化する担い手」(下)特養にロボ 職員30人分 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)|2018年10月12日

東京・大田区の施設 70種類を試用 モニターが並ぶ「コックピット」でロボットの活用について話し合う徳山さん(左)と谷口さん(東京都大田区の「フロ…

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 2018年10月12日

    介護ロボットの導入に、入居者より職員の方が抵抗感を覚えるというのは意外でした。
    職員・ロボット開発、共に入居者に寄り添った柔軟な考えで取り組んでもらいたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事・ニュース

more

せっかく開業するなら、患者さまが集まるクリニックにしたいと思いませんか? 実は、クリニック経営が上手くいくかどうかは、開業した時点でもうほとんど決まっています。この連載では、特に重要な「立地」について詳しくご紹介します。正しい立地を知ることで、患者さまが集まりやすいクリニックになるでしょう。

クリニックのM&Aが注目される理由は、後継者不在の開業医が増えてきたという理由だけではありません。最近、「医療と経営の分離」という言葉も…