終身契約の施設から80代で出されたワケ - ライブドアニュース

http://news.livedoor.com|2019年05月04日

有料老人ホームは「終の住処(ついのすみか)」になるとは限らない。多額の入居金を払っていても、認知症の発症などを理由に一方的に退去を命じられること ...

続きを読む

するとコメントすることができます。

コメントを残す

するとコメントをすることができます。

新着コメント

  • atsushi_moriguchi

    森口

    2019年05月04日

    有料老人ホームは、価格・サービスが様々。
    施設側・入居者側それぞれがニーズ・経済状況に合わせて、ある程度選択できることは健全。
    また選択した責任を互いに認識することも大切。

    ただし、入居時の約束を守らない施設があるとしたら、大きな問題。

    入居者にとっては精神面・肉体面・経済面などスイッチングコストが高いサービス。
    しかも、弱い立場の入居者にとっては、施設側の理不尽に対して泣き寝入りせざるを得ないケースもある。
    ※現状では施設ケアマネが中立的な役割を果たしづらいケースもある。

    理不尽な施設から入居者を守る仕組みを強化する必要がある。

    1+
このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のニュース

more

国際会議の舞台で 2004年、京都で開かれた国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議に、認知症の本人として参加した彼女は、このスローガンを表題 ...