小阪憲司

小阪憲司氏インタビュー:レビー小体型認知症の最大の問題は医師の誤診

横浜市立大学 名誉教授 

小阪憲司

連載小阪憲司氏インタビュー:レビー小体型認知症の最大の問題は医師の誤診

#02 小阪憲司氏「レビー小体型認知症を世界が認めるまでに20年かかりました。」

小阪憲司
小阪憲司
2018.11.09

世界に認められるまでは、苦闘の連続でした。 1978年には、3例の剖検による大脳皮質に存在するレビー小体の研究を報告しました。その後、アルツハイ ...

横浜市立大学 名誉教授 

小阪憲司

連載小阪憲司氏インタビュー:レビー小体型認知症の最大の問題は医師の誤診

#03 小阪憲司氏「実はレビー小体型認知症の患者さんは多いにもかかわらず、誤診が多い。」

小阪憲司
小阪憲司
2018.11.12

認知症という病名に引きずられてしまう。 レビー小体型認知症(DLB)という病名を付けたこと自体が問題といえます。私が提唱した、びまん性レビー小体 ...

横浜市立大学 名誉教授 

小阪憲司

連載小阪憲司氏インタビュー:レビー小体型認知症の最大の問題は医師の誤診

#04 小阪憲司氏「レビー小体型認知症は、家族やケアスタッフが気付いているほうが多い。」

小阪憲司
小阪憲司
2018.11.14

医師よりも家族やケアスタッフが気付いていることが多い。 レビー小体型認知症の特徴について、医者よりも家族のほうが判っていることが多い。 何故かと ...

横浜市立大学 名誉教授 

小阪憲司

連載小阪憲司氏インタビュー:レビー小体型認知症の最大の問題は医師の誤診

#05 小阪憲司氏「理解することから始まるのが、レビー小体型認知症のケアです。」

小阪憲司
小阪憲司
2018.11.16

患者さんはよくわかっています。 私の医師としての信念とは、「患者さんをしっかりと診る」の一言に尽きます。 ある90歳のレビー小体型認知症の老婦人 ...

横浜市立大学 名誉教授 

小阪憲司

連載小阪憲司氏インタビュー:レビー小体型認知症の最大の問題は医師の誤診

#06 小阪憲司氏「一人でも多くの人にレビー小体型認知症を知ってほしいと願います。」

小阪憲司
小阪憲司
2018.11.19

「レビー小体型認知症研究会」を立ち上げる。 2006年11月に横浜で国際ワークショップが開催されたのを機会に、翌2007年、国内においてレビー小 ...

話題のニュース

more

国際会議の舞台で 2004年、京都で開かれた国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議に、認知症の本人として参加した彼女は、このスローガンを表題 ...