高橋壮芳

あえて治療をしないという選択ができることも、在宅医の条件だと思います。

三鷹あゆみクリニック 院長 

高橋壮芳

連載あえて治療をしないという選択ができることも、在宅医の条件だと思います。

#01 祖父の看取りで痛感したもどかしさが、医者の道に進ませた

高橋壮芳
高橋壮芳
2019.08.02

医学部で感じた大学病院に対する違和感 私は東京都三鷹市の出身です。当初は、医師を目指していたわけではなく、文系への進学を目指していました。ただ尊 ...

三鷹あゆみクリニック 院長 

高橋壮芳

連載あえて治療をしないという選択ができることも、在宅医の条件だと思います。

#02 在宅医療こそが、私がイメージしていた医師の姿だと強く思いました

高橋壮芳
高橋壮芳
2019.08.05

紆余曲折して在宅医療にたどり着く 研修医当時の私は、在宅医療には全く興味を持っていませんでした。地方の無医村に行くことを視野に入れていたので、研 ...

三鷹あゆみクリニック 院長 

高橋壮芳

連載あえて治療をしないという選択ができることも、在宅医の条件だと思います。

#03 在宅医療では、病院の在宅医療に対する理解と連携が絶対に必要です

高橋壮芳
高橋壮芳
2019.08.07

在宅医療の取り組みで感じる魅力と課題 患者さんにとって在宅医療では治療の選択肢も多く、また制限も少ないので、そこは医師にとっても非常に魅力的です ...

三鷹あゆみクリニック 院長 

高橋壮芳

連載あえて治療をしないという選択ができることも、在宅医の条件だと思います。

#04 医療の世界では100%はなく、中間のグレーの部分が多い世界だと感じています

高橋壮芳
高橋壮芳
2019.08.09

患者さんのわがままは信頼関係の証 医師にとって病院はホームグラウンドですが、在宅は患者さんのホームグラウンドなので、そこでは医師はいわばアウェイ ...

三鷹あゆみクリニック 院長 

高橋壮芳

連載あえて治療をしないという選択ができることも、在宅医の条件だと思います。

#05 在宅医療では家族の協力と理解が非常に重要で、できる治療も決まってしまいます

高橋壮芳
高橋壮芳
2019.08.12

在宅医療では患者さんから逃げられない。 看護師にとって在宅医療の現場では、病院のように周りの医師やスタッフに聞くということもできず、その場で自分 ...

話題のニュース

more