鈴木央

鈴木央氏インタビュー:緩和ケアや在宅医療の目標とは、QOLを高め、生活を支えること

鈴木内科医院 院長 

鈴木央

連載鈴木央氏インタビュー:緩和ケアや在宅医療の目標とは、QOLを高め、生活を支えること

#01 鈴木央氏:1977年から緩和ケアに取り組み、在宅ターミナルケアの先駆的な存在といわれる。

鈴木央
鈴木央
2019.01.28

もっと終末期患者の苦痛に目を向けるべき ― 1961年に鈴木内科医院を開設されたお父上の鈴木荘一先生は、1977年から緩和ケアをスタートされ、我 ...

鈴木内科医院 院長 

鈴木央

連載鈴木央氏インタビュー:緩和ケアや在宅医療の目標とは、QOLを高め、生活を支えること

#02 鈴木 央氏「緩和ケアとは決して消極的な治療ではなく、患者さんのQOLを高めるための一つの手法」

鈴木央
鈴木央
2019.01.30

早期のがんでも、痛みがあれば緩和ケアを 緩和ケアとは、決して消極的な治療ではありません。よく言われるような敗戦処理の医療ではなく、患者さんのQO ...

鈴木内科医院 院長 

鈴木央

連載鈴木央氏インタビュー:緩和ケアや在宅医療の目標とは、QOLを高め、生活を支えること

#03 鈴木央氏「外来診療と在宅医療は地域医療の両輪だと思っています。」

鈴木央
鈴木央
2019.02.01

入院病棟を閉じて在宅医療に取り組む 1997年まで鈴木内科医院では入院と在宅の両輪で診療を行っており、それまでも在宅での癌の終末期の患者さんの看 ...

鈴木内科医院 院長 

鈴木央

連載鈴木央氏インタビュー:緩和ケアや在宅医療の目標とは、QOLを高め、生活を支えること

#04 鈴木央氏: 大田区在宅医療連携推進協議会の会長として、地域に在宅医療を広めるために活動する。

鈴木央
鈴木央
2019.02.04

まず何といっても、在宅医療は良い医療 国民の6割の方が在宅での療養を希望しているという厳然としたニーズもありますから、それを供給できる体制づくり ...

鈴木内科医院 院長 

鈴木央

連載鈴木央氏インタビュー:緩和ケアや在宅医療の目標とは、QOLを高め、生活を支えること

#05 鈴木央氏: 患者さんは様々な不安を抱えている。だから支援する医療、優しい医療を目指す。

鈴木央
鈴木央
2019.02.06

医療とは、患者さんを支援すること 患者さんは様々な不安を抱えています。だから支援する医療、優しい医療を目指すのです。 一般的に、医療を施すという ...

話題のニュース

more