山口晴保

患者さんや家族のQOLを高めることが認知症の実践医療

#01 山口晴保氏:認知症を脳病変、症状、生活の三つの視点で捉え、群馬県の地域の医療連携に取り組む。

2020.08.21

#02 山口晴保氏 が提唱する「脳活性化リハビリテーションの5原則」とは

2020.08.24

#03 認知症の臨床現場では、エビデンス通りの画一的な治療が多いように思われます。

2020.08.26

#04 認知症の診療では、患者さんや家族のQOLを高めるための対症療法が大切です。

2020.08.28

#05 キツネ・ハト模倣テストをはじめとした『認知症らしさ』を見つけるための7つの認知テスト

2020.08.31

#06 いままでの長寿礼賛から、これからは豊かに生きることへの価値観の転換が必要

2020.09.02

最新記事・ニュース

more

子供に事業を継いでもらう親族承継、院内で勤務する医師に事業を委ねる院内承継のほかにある、もう1つの選択肢が第三者承継(M&A)です。本稿では「M&Aとは何か?」から始まり、そのメリットやデメリット、そして成功のポイントや事例を解説します。

開業医と勤務医には年収に大きな差があります。一方で同じ開業医でも診療科目ごとに年収は異なるもの。年収が全てではありませんが、各診療科目の特徴でもあります。収入を考えることはキャリア選択のために欠かせません。開業するにあたって、年収についても把握しておきましょう。

前回は、どのような準備をすれば円滑に事業承継を進められるかという点に着目し、『資料』『第三者の視点』『逃げ道』の3つが必要であるとお伝えしました。「継ぐ側」にとって欲しい情報が集められている資料の大切さを説きましたが、今回は残る『第三者の視点』と『逃げ道』について解説したいと思います。