#02 山口晴保氏 が提唱する「脳活性化リハビリテーションの5原則」とは

病理学研究、神経内科医、リハビリテーション医と特異な経歴を有し、30年以上にわたる認知症医療で、多くの臨床経験を積んできた認知症専門医で群馬大学名誉教授の山口晴保氏は、特に認知症医療の薬物療法における医師のエビデンス信奉に警鐘を鳴らす。 新著の「紙とペンでできる認知症診療術 - 笑顔の生活を支えよう」では、目の前の患者・家族の困難に立ち向かう認知症の実践医療を解説し、あらゆる分野の医師に認知症の診断術を理解・習得して欲しいと訴える。 (『ドクタージャーナル Vol.20』より 取材・構成:絹川康夫、写真:安田知樹、デザイン:坂本諒)

本人の残存機能を伸ばすほうが現実的で大切

認知症のリハビリテーションには、回想法とか現実見当識訓練とかいろいろな手法が提唱されています。

一方で、それらの手法が認知症に本当に有効なのか、エビデンスはあるのか、という意見もあります。

しかし一つ一つの手法についてのエビデンスを検証するとしたら大変なことです。

そこで、方法論にこだわるのではなく、どのような手法でも良い結果を導き出すための脳活性化リハビリテーションの原則を作ろうと考えました。

それが、私が提唱している脳活性化リハビリテーションの 5 原則です。この原則に基づきリハビリテーションに関わることが大切と考えています。

一般にリハビリテーションというと、機能低下の面にフォーカスしがちです。例えば認知症であれば記憶力を良くさせようとします。

しかしそのようなリハビリテーションは、させられている当事者にとっては辛いことが多いのが現実です。

ですから、認知機能を高めることよりは、認知症になっても残っている本人の能力に目を向け、それを使って楽しいことをやりながら本人の残存機能をさらに伸ばしてゆく。

ひいては生活機能も上げていくことのほうが現実的で大切だと考えたのです。

脳活性化リハビリテーションの原則とは簡単に言えば、

  1. 楽しくやる、そして、快刺激が笑顔を生み意欲を高める。
  2. 褒めることがやる気を生む。
  3. 楽しいコミュニケーションや会話が安心を生む。
  4. 役割によって生きがいが生まれる。
  5. 失敗を防ぐさりげない支援。

ということです。

認知症があっても前向きに楽しく生活できることを目標にするべきなのです。私はそういう視点から認知症のリハビリテーションを提唱しています。

実際に臨床現場では、軽度の方から重度の認知症の方まで幅広く様々な効果が見られています。

中には認知機能が良くなる方もいますし、鬱的な方が明るくなることもあります。また身体活動量が増える方もいれば、生活機能まで上がる方もいます。

 『 脳活性化リハビリテーションの 5 原則 』

認知症の脳活性化リハビリテーションでは、以下の5原則に基づき患者・介護者や療法士間の相互のポジティブな働きかけを通して向社会的な意欲を引き出すことが、BPSDの低減、QOLの 向上、生活能力の向上などの効果を生み出すと考える。

[ 快刺激 ]

快刺激により笑顔が生まれることで脳内にドパミンが多量に放出され、学習意欲・やる気の向上につながる。スタッフ側も笑顔になることで笑顔が笑顔を生み出す。また、快適な環境の設定も重要である。

[ ほめあい ]

対象者をほめる・受容する。ほめられることは人間にとって最大の報酬であり、ドパミン神経系の賦活により意欲の向上につながる。他人をほめることも大切であり、自己効力感や尊厳を高める。

[ コミュニケーション ]

他者と楽しい時間と場を共有することで安心感が生まれる。特に進行と共に困難となる社会交流についてはそれを踏まえた上で受容的に関わり、非言語的コミュニケーションも含め社会的相互交流の場を維持する。

[ 役割 ]

対象者が社会的役割を主体的に担うことができるようにかかわる。主体的役割の存在はその人が生きている拠り所となるものであり、疾患に関係なく人間として共通するものである。

[ 誤りを避けて正しい方法習得(errorless learning)]

認知症では誤りを基に試行錯誤からの学習は、困難だけでなく混乱を招き、ネガティブな感情のみが記憶に残りやすく学習の妨げにもなる。能力に応じたサポートで不要な失敗を避けつつ、正しい方法を繰り返し成功体験とポジティブな感情で終わらせる。満点主義が基本。

この記事の著者/編集者

山口晴保  認知症介護研究・研修東京センター長 

群馬大学名誉教授、認知症介護研究・研修東京センター長。認知症専門医、リハビリテーション専門医。
アルツハイマー病の病態解明を目指して、脳βアミロイド沈着機序をテーマに30年にわたって病理研究を続けてきた後、認知症の臨床研究に進む。認知症の実践医療、認知症の脳活性化リハビリテーション、認知症予防の地域事業などにも取り組む。群馬県地域リハビリテーション協議会委員長として地域リハビリテーション連携システムづくりに力を注ぐとともに、地域包括ケアを10年先取りするかたちで、2006年から「介護予防サポーター」の育成を進めてきた。2005年より、ぐんま認知症アカデミーの代表幹事として、群馬県内における認知症ケア研究の向上や連携に尽力している。

この連載について

患者さんや家族のQOLを高めることが認知症の実践医療

連載の詳細

病理学研究、神経内科医、リハビリテーション医と特異な経歴を有し、30年以上にわたる認知症医療で、多くの臨床経験を積んできた認知症専門医で群馬大学名誉教授の山口晴保氏は、特に認知症医療の薬物療法における医師のエビデンス信奉に警鐘を鳴らす。 新著の「紙とペンでできる認知症診療術 - 笑顔の生活を支えよう」では、目の前の患者・家族の困難に立ち向かう認知症の実践医療を解説し、あらゆる分野の医師に認知症の診断術を理解・習得して欲しいと訴える。

最新記事・ニュース

more

遺伝子専門医でもある熊川先生は、難聴のリスク遺伝子を特定する研究にも携わられてきました。信州大学との共同研究を経て、現在では高い精度で予後を推定できるようになっています。 将来を見据えたライフスタイルの設計のために。本連載最終記事となる今回は熊川先生の経緯や過去の症例を伺いながら、難聴の遺伝子検査について取り上げます。

人工内耳の発展によって効果や普及率が格段に高まってきた現代。今だからこそ知りたい最新の効果、補聴器との比較、患者さんにかかる負担について伺いました。重度の難聴を持つ患者さんが、より当たり前にみな人工内耳を取り付ける日は来るのでしょうか。

本連載の最後となるこの記事では、首都圏で最大規模の在宅医療チームである悠翔会を率いる佐々木淳氏に、これからの悠翔会にとって重要なテーマや社会的課題、その解決に向けてのビジョンについて伺いました。

こころみクリニックは正しい情報発信とぎりぎりまで抑えた料金体系、質の高い医療の追求を通して、数多くの患者を治療してきました。専門スタッフが統計解析して学会発表や論文投稿などの学術活動にも取り組み、ノウハウを蓄積しています。一方でTMS療法の複雑さを逆手に取り、効果が見込まれていない疾患に対する効果を宣伝したり、誇大広告を打つクリニックもあり、そうした業者も多くの患者を集めてしまっているのが現状です。 こうした背景を踏まえ、本記事ではこころみクリニックの経緯とクリニック選びのポイントについて伺いました。

前回記事に続いて、首都圏で最大規模の在宅医療チームである悠翔会を率いる佐々木淳氏に、「死」に対しての向き合い方と在宅医が果たすべき「残された人生のナビゲーター」という役割についてお話しを伺いました。

人工内耳の名医でいらっしゃる熊川先生に取材する本連載、1記事目となる本記事では、人工内耳の変遷を伺います。日本で最初の手術現場に立ったのち、現在も71歳にして臨床現場で毎日診察を続けられている熊川先生だからこそお話いただける、臨床実感に迫ります。

本記事では主に医師に向けて、TMS療法に関する進行中の研究や適用拡大の展望をお伝えします。患者数の拡大に伴い精神疾患の論文は年々増加しており、その中で提示されてきた臨床データがTMS療法の効果を着実に示しています。さらに鬼頭先生が主導する研究から、TMS療法の可能性が見えてきました。

お話を伺ったのは、医療法人社団こころみ理事長、株式会社こころみらい代表医師でいらっしゃる、大澤亮太先生です。 精神科医として長い臨床経験を持ち、2017年にこころみクリニック、2020年に東京横浜TMSクリニックを開設され、その後も複数のクリニックを展開されています。 科学的な情報発信と質を追求した診療を通して、日本でも随一の症例数を誇るこころみクリニック。自由診療としてぎりぎりまで料金を抑え、最新のプロトコルを提供しながら学術活動にも取り組まれています。そんなこころみクリニックに取材した連載の第1回となる本記事では、臨床運営の現場から見えてきたTMS療法の治療成績と、コロナ後遺症への効果を検証する臨床研究をお聞きしました。