認知症介護研究・研修東京センター長

山口晴保氏インタビュー:患者さんや家族のQOLを高めることが認知症の実践医療

#01 山口晴保氏:認知症を脳病変、症状、生活の三つの視点で捉え、地域の医療連携に取り組む。

病理学研究、神経内科医、リハビリテーション医と特異な経歴を有し、30年以上にわたる認知症医療で、多くの臨床経験を積んできた認知症専門医で群馬大学名誉教授の山口晴保氏は、特に認知症医療の薬物療法における医師のエビデンス信奉に警鐘を鳴らす。 新著の「紙とペンでできる認知症診療術 - 笑顔の生活を支えよう」では、目の前の患者・家族の困難に立ち向かう認知症の実践医療を解説し、あらゆる分野の医師に認知症の診断術を理解・習得して欲しいと訴える。 (『ドクタージャーナル Vol.20』より 取材・構成:絹川康夫、写真:安田知樹、デザイン:坂本諒)
このエントリーをはてなブックマークに追加

病理学、神経内科、リハビリの三つの視点

1976年に群馬大学医学部を卒業後、基礎研究の分野を志し大学院で神経病理学を学んだ後に、平井俊策教授との出会いがあり神経内科に入局しました。

平井俊策教授の研究テーマが認知症の人の脳病理でしたので、それが私にとって認知症との最初の出会いとなりました。

当時、群馬大学医学部ではリハビリテーション医学研究部門が設置され(この名称だが、実際は神経内科として)、東京大学医学部より赴任されてきたのが平井俊策教授でした。

40年ほど前は、認知症は脳血管障害によって生じる血管性認知症が多いというのが学会の定説でした。

しかし当時から平井俊策教授は、実際には血管性認知症よりもアルツハイマー型認知症が多いことを示してきましたが、それはなかなか認められませんでした。

私は神経内科では、病理で培ってきた蛍光抗体法や免疫染色を活かし、アルツハイマー病の脳の病理研究などを行ってきました。

また同時期から特別養護老人ホームの嘱託医として認知症の臨床にも関わってきました。その後、リハビリテーション医となり現在に至っています。

私は、病理で脳病変を見る目を養い、次に神経内科で神経症候を見る目を養い、その後にリハビリテーション医で生活障害を見る目を養ってきたことで、認知症を脳病変、症状、生活の三つの視点から捉えるようになりました。

その視点から、地域の医療連携の立ち上げや推進に取り組んできました。

群馬県地域リハビリテーション協議会を設立

1998年に国の地域リハビリテーション支援体制整備推進事業が始まりましたが、群馬県の取り組みは他県に比べると大きく遅れていました。

そこで、それまで縦割りだった県内のリハビリ関連諸団体の連携を強化して地域リハビリを推進するために、県医師会や理学療法士会、作業療法士会、病院協会などを巻き込み2001年に群馬リハビリテーションネットワークを立ち上げました。

その活動が評価され、2003年に群馬県地域リハビリテーション協議会が設立され、私が初代の委員長となりました。

この協議会は、高齢者や障害のある方などが生き生きとした生活を送ることができるように、保健・福祉・医療等が連携して地域リハビリテー
ションの推進について協議することを目的としていまして、現在は特に介護予防に力を入れています。

ぐんま認知症アカデミーの設立

2005年には、県内の認知症の医療・リハビリテーション・ケアに関係する専門職の連携を深め、技術を高め、また、認知症の予防や支援に関する研究を推進し、群馬県の医療・福祉の向上に寄与することを目的に群馬認知症アカデミーを設立しました。

2006年からは、認知症のケアやリハビリ技術の向上を目指して、毎年春の研修会と秋の研究発表会を実施しています。

ぐんま認知症アカデミーの特色とは、多職種が参加していることと、研究者や医師からケアスタッフ、家族会まで様々な人々が参加している点です。また、各研修会の参加者は認知症ケア学会認定ケア専門士研修3単位を認定されます。

毎回参加者は増えており、2016年の春の研修会では400名以上が参加しました。

(続く)

このエントリーをはてなブックマークに追加
山口 晴保(やまぐちはるやす) 氏

群馬大学名誉教授、認知症介護研究・研修東京センター長。認知症専門医、リハビリテーション専門医。 アルツハイマー病の病態解明を目指して、脳βアミロイド沈着機序をテーマに30年にわたって病理研究を続けてきた後、認知症の臨床研究に進む。認知症の実践医療、認知症の脳活性化リハビリテーション、認知症予防の地域事業などにも取り組む。群馬県地域リハビリテーション協議会委員長として地域リハビリテーション連携システムづくりに力を注ぐとともに、地域包括ケアを10年先取りするかたちで、2006年から「介護予防サポーター」の育成を進めてきた。2005年より、ぐんま認知症アカデミーの代表幹事として、群馬県内における認知症ケア研究の向上や連携に尽力している。