ドクタージャーナル編集部
連載地域のかかりつけ医が担うこれからの認知症診療

#02 認知症になっても人として生きてゆく希望は失われないという状況に変える

座談会出席者 木之下徹氏  医療法人社団 こだま会 こだまクリニック院長 本多智子氏  医療法人社団 こだま会 こだまクリニック 看護師 勝又浜子氏  厚生労働省老健局高齢者支援課 認知症・虐待防止対策推進室長 加畑裕美子氏 「レビ-小体型認知症介護家族おしゃべり会」代表 中野あゆみ氏 有限会社DOOD LIFE(高齢者住宅・訪問介護)代表 社会福祉士  ファシリテーター 元永拓郎氏  帝京大学大学院文学研究科臨床心理学専攻・准教授 司会 絹川康夫 一般社団法人 全国医業経営支援協会 代表理事 ※平成24年7月31日に開催。 出席者の所属、役職は当時のものです。 (『ドクタージャーナル Vol.6』より 取材・構成:絹川康夫、写真:安田知樹、デザイン:坂本諒)

認知症への取り組みが切り拓く明日の日本

勝又: 今、最も実感しているのは、認知症医療は現場で接していなければ分からないことがあるということです。現在、看護職員の中でも、継続的に認知症の人々と関係している人はそれほど多くありません。同じように医師もそれほどいないと思われます。

これからますます増えてくる認知症の人たちの医療を、今後、継続的にどうしていかなければならないかということが重要なテーマだと考えます。

木之下: 今の医療では認知症は治せない。薬で少し進行を遅らせることができるようになっただけです。根本治療薬はありません。

予防できるエビデンスもありません。たとえあったとしても、今の病勢に対して焼け石に水でしょう。寄り掛かるにはあまりに頼りない。

だとすれば「認知症になっても人として生きてゆく希望は失われない」という状況に変えるしかない。

そういった形で、これからの認知症の医療モデルを考えるしかない。この新たなモデルは魅力的です。

なぜなら、生活習慣病など他の状況にも、生きづらさを感じる様々な局面において、同じことが言えることに気づけるからです。

認知症が新しい時代を切り拓く上で重要な素材になると考える理由はここにあります。

本多: 私は認知症の在宅ケアに十数年携わってきました。その関わりの中で、医療面よりもむしろ、生活の中で困っている事柄に関係する相談が次第に増えていきました。

そのうち、それらの気づきと医療とケアを上手く繋げない限り、受診者のためにならないと考えるようになりました。気づきを与え医療とケアと福祉を近づけ繋げるためのものが、「人」として考えるといったパーソンセンタードケアの考え方であると思い始めています。

木之下: 認知症のテーマ性とは、限られた誰かが語るのではなく、いまや全員が問題意識を持たざるを得ないということです。何故ならば誰もが認知症になる可能性があるからです。

パーソンセンタードケアのパーソンとは、認知症の人のパーソンであり、これから認知症になるかもしれない私たちもパーソンでもあり、ケアする人もパーソンでもあるという、全ての人を指し、そしてみな平等な価値、そして誰もが侵犯できない絶対的な価値を有していると考え、そういった「人」という視点を導入したケアであることを意味しています。

勝又: パーソンセンタードケアは認知症のケアの基本になり、認知症のケアだけでなくて全ての人に対する医療にも言えることですね。それは病気で無い人にも、普通の人間関係にも言えることだと思います。

木之下: その通りだと思います。「パーソン」は「人」です。認知症の人はもちろん、ケアする人も人である。人を考える。人として関わっていく。我々も人として生きていく。そういうことをパーソンセンタードケアのコンセプトは与えています。

認知症になっても希望を持って生きていける文化になっていくことを望みます。いま認知症である人にとっても大切ですが、これから認知症になる自分のためにでもあるからです。

(続く)

この記事の著者/編集者

ドクタージャーナル編集部   

ドクタージャーナル編集部のアカウントです。

するとコメントすることができます。

新着コメント

この連載について

地域のかかりつけ医が担うこれからの認知症診療

連載の詳細

話題のニュース

more

「認知症の人を、人として見る」という視点 元永: 「本人の尊厳を大事にする」という言葉は、もはや言い古されています。にもかかわらず、特に認知症医 ...

0Picks