ドクタージャーナル編集部
連載地域のかかりつけ医が担うこれからの認知症診療

#03 症状を「コミュニケーションとして考える」ということの重要性

座談会出席者 木之下徹氏  医療法人社団 こだま会 こだまクリニック院長 本多智子氏  医療法人社団 こだま会 こだまクリニック 看護師 勝又浜子氏  厚生労働省老健局高齢者支援課 認知症・虐待防止対策推進室長 加畑裕美子氏 「レビ-小体型認知症介護家族おしゃべり会」代表 中野あゆみ氏 有限会社DOOD LIFE(高齢者住宅・訪問介護)代表 社会福祉士  ファシリテーター 元永拓郎氏  帝京大学大学院文学研究科臨床心理学専攻・准教授 司会 絹川康夫 一般社団法人 全国医業経営支援協会 代表理事 ※平成24年7月31日に開催。 出席者の所属、役職は当時のものです。 (『ドクタージャーナル Vol.6』より 取材・構成:絹川康夫、写真:安田知樹、デザイン:坂本諒)

現場におけるパーソンセンタードケアとは

元永: ところで、認知症ケアの現場におけるパーソンセンタードケアとの出会いや、それがどのような意味があったのかを、中野さんに語って頂きます。

中野: 当初はパーソンセンタードケアを、その人らしくとか、その人中心のケアと言う訳され方で捉えていました。94歳の認知症のご婦人のケースですが、最初の頃は薬を飲ませれば静かになってもらえるし、それで周囲も助かり安心できるし、本人が良ければそれで良いと思っていました。

しかしはたして、認知症のご本人だけが良ければ、家族が大きく疲弊したりケアする側がそれこそ大変な状況であっても良いのか。それがパーソンセンタードケアと言うならば、それは違うのではないか、パーソンセンタードケアとは何なのだろう、という思いがありました。

認知症の方が本当にその人らしく、生活のしづらさを皆がサポートしながら、家族と一緒に在宅で生活できるためには、職域に留まらずに周囲の皆がそういう視点で考えていかなければならないのではないかと、ここ数年ずっと考えています。

その方の生活にヘルパーが入りすぎれば、生活のペースを乱してしまうし、だからと言って行かなくて良い訳ではないし、訪問のペースとか間隔とかを考えながら在宅ケアに取り組んでいます。

その方に関わっているドクター、家族やケアマネジャーやケアスタッフ、近所の人まで含めた皆で、どうしたらそのご婦人の「この家の畳の上で死にたい」「施設に送らないでね」と言う思いに応えてけるか、と考えています。

元永: 認知症の方は、日常のケアの中で、それこそいろいろな事を語りますよね。でもその言葉の全てに応えていたら、体がもたないし、家族も振り回されてしまうことになります。

当然全てに対応は出来ないから、選んで対応していると思われます。

しかし、その人の語りの中で、背後にあるメッセージも考えて何が大事なのかを選ぶことは、医療従事者やケア従事者にとって非常に難しいことだと思います。

それは家族の視点とも違うと思われます。でも実際の現場ではそのような対応をされているわけです。それは直感によるものなのですか。

中野: ほぼ直感でしょうね。最初にケアに訪問した時に「ヘルパーさんなんか頼んでないわよ」というのが、皆さんの大体最初のフレーズですね。

最初は門前払いだったのが、「あら、いらっしゃい」と言ってくれるまでに約2年かかった方がおられます。

特に入浴の支援はとてもハードルが高く毎回大変です。今でも、その方はその都度理由をつけてなかなか入浴してくれません。

でもその都度の会話で私とコミュニケートしながら、その方は私の存在を否定せずに受け入れてくださっています。私はその限られた時間の中で、その方が生活の中で困っている事や本当の思いなどを探りつつ、必ずしもサービスの押し付けや時間の消化ということではなく、ほぼ直感で臨機応変に対応しています。

茶道の先生だったということで、時にはお茶を入れてくれたりして私に気遣ってくださいます。

今でも、いろいろ理由をつけて入浴を拒むのですが、背中を流して差し上げた時などには、「背中を流してもらうのは何年ぶりかしら」と喜ばれたりします。すると私もうれしくなります。きっと「自分で出来るうちは人の手を借りずに自分でする。出来なくなった時には助けてもらおう」という気持ちなのだろうなと、私は感じています。

今はその方の気持ちを一番大切にしながらケアをさせてもらおうと思っています。

いろいろな機会を通してその方とお話し、コミュニケートすることで、その人に近づき関わらせて頂くことができ、また多くのことを学ばせて頂いていると思います。現在はそんな訪問介護を行っています。

(続く)

この記事の著者/編集者

ドクタージャーナル編集部   

ドクタージャーナル編集部のアカウントです。

するとコメントすることができます。

新着コメント

この連載について

地域のかかりつけ医が担うこれからの認知症診療

連載の詳細

話題のニュース

more

「認知症の人を、人として見る」という視点 元永: 「本人の尊厳を大事にする」という言葉は、もはや言い古されています。にもかかわらず、特に認知症医 ...

0Picks