在宅医療で培った医療資源を
外来診療に活かし、
地域のかかりつけ医を目指す。

新宿ヒロクリニック院長 英 裕雄

#01 医師にとって、在宅医療には多くの魅力があります。

新宿ヒロクリニックの英 裕雄院長は、「地域におけるかかりつけ医の役割とは、地域を健全にすること。健康な地域づくりを進めていくことだと考えています。ですから、疾病だけにとどまらず、患者さんを取り巻く社会問題にもアプローチせざるを得ないと思っています。」と語る。

在宅医療の延長線として外来診療を捉え、開業以来21年間、在宅医療で養ってきたノウハウやシステムを活かし、外来診療にも積極的に取り組んでいる。

(『ドクタージャーナル Vol.23』より 取材・構成:絹川康夫, 写真:安田知樹, デザイン:坂本諒)
このエントリーをはてなブックマークに追加

1996年の開業時から在宅医療に取り組んできました。

最初の開業は1996年の曙橋内科クリニックでした。その後、2001年に新宿区西新宿に新宿ヒロクリニックを開業し、2015年に現在の新宿区大久保で新たに新宿ヒロクリニックを移転開業しました。今年で最初の開業から21年目になります。

開業当初から在宅医療に取り組んできましたが、当時はまだ介護保険もなく、在宅医療も本当にごく一部の医師が行っていたような状況で、周囲には教えてくれる人はいませんでした。在宅医療を学ぼうという気持ちから手探りで始め、独力で試行錯誤を重ねてきました。

当時一部の医師たちからは、これからは在宅医療が重要になっていくと言われていましたが、世の中の在宅医療に対する認識はまだ低かった頃です。

それでも当時から、在宅での医療ニーズはありました。しかしそれは、かかりつけ医療の延長線であって、現在のようなシステムとしての在宅医療ではありませんでした。当然24時間対応も多くはありませんでした。

また多くの場合は、救貧的というか、人道支援の色彩が強く、在宅で最期まで看取るとか、自宅での治療を構築してマネジメントするということではなかったです。

最初の頃はなかなか患者さんが来なくて、病院とか訪問看護ステーションに働きかけて、ようやく集まるようになってきましたが、それでも月に5人ほどでした。

その後、徐々に患者さんが増えてきたので、在宅医療専門のクリニックに切り替えました。
患者さんの医療ニーズに応じた対応をして行くうちに、在宅医療に馴染んでいった。というところが正直な実感です。

医師にとって、在宅医療には多くの魅力があります。

在宅医療の魅力はたくさんあります。当クリニックのドクターの中にも、外来診療よりも在宅医療をしたいという人が多くいます。
なんといっても、フィールドとしての楽しさがあります。

外来診療では仕方のないことですが、患者さんとはクリニック内での限られた時間での関わりとなります。しかも本人の生活環境が分からないし、介護の状態も分からないので適切なアドバイスが難しく、医療的な対応だけになってしまいます。患者さんが抱える医療以外の問題に対しての対応が難しいのです。

しかし在宅医療では、患者さんとの関わり方が違います。その人の人生に健全に寄り添っている実感性が強くあります。

例えば、外来の患者さんで認知症があり高血圧もあるのに、介護の問題があるために、なかなか来院できない場合、こちらから積極的にアプローチするのは難しい。

在宅医療だとそれが一緒にできる。しかも健全にできるのです。さらに進んでいくと、患者さんやご家族との一体感が強くなったり、様々な協調関係に変わってくるのも在宅医療ならではの魅力です。

在宅医療の変貌に伴い、事業変容していきました。

新宿区西新宿で開業していた2001年から2009年くらいまでは在宅医療の患者数は伸びていましたが、その後は横ばいか、むしろ若干の減少傾向にありました。

当初から在宅専門の医療機関としての位置づけでやってきましたが、この間の在宅医療の内容が非常に変貌していきました。

例えば、終末期のがんの患者さんで、ぎりぎりまで病院で治療して、最後の3日位を在宅で過ごすというような、非常に在宅医療の期間が短い人とか、入院が難しい困窮家庭の方とか、家族の介護力が極端に弱い方とか、いわゆる一般的な在宅医療の患者さんが減って、症状や生活環境が際立った在宅の患者さんの数が増えていきました。

これは、当クリニックの専門性や地域環境の特殊性による理由も大きかったと思います。
このような状態で、自分たちは本当に地域の支えになっているのか、という振り返りから、2015年に現在の場所に新たに移転開業しました。

移転を契機に、かかりつけ医療機関の新しい在り方として、患者さんの社会生活がさまざまに変化しても一貫して対応できる総合診療を目指し、在宅医療に加えて外来診療も行うように事業変容してきました。

移転については、最初から考えがあって大久保という地域を選んだのではなく、理想的な医療物件がここにあったということが一番の理由でした。しかし都内でも特殊な地域ということもあり、移転に際しては院内で賛否両論がありました。

0

(続く)

このエントリーをはてなブックマークに追加
英裕雄
英 裕雄 (はなぶさ ひろお) 氏

医療法人三育会理事長、新宿ヒロクリニック院長。1986年慶応義塾大学商学部を卒業後、93年に千葉大学医学部を卒業する。96年に曙橋内科クリニックを開業し、2001年に新宿区西新宿に新宿ヒロクリニックを開業する。2015年に現在の新宿区大久保に新宿ヒロクリニックを移転、開業し、現在に至る。