5年目の精神科医が認知症治療病棟で体験したこと

精神科医の北田志郎氏は大東文化大学で教鞭をとる一方、あおぞら診療所でGP(general practitioner:総合診療医)を中心とした在宅医療を提供しています。本記事では、北田氏が駆け出しの精神科医として働く中で認知症の診療に携わるようになった経緯について伺いました。

取材協力:北田志郎氏

  • 1991年:東北大学医学部卒業
    東京都立豊島病院で東洋医学専攻内科系研修医。精神科医として東京都立広尾病院、東京武蔵野病院などに勤務
  • 2000年:中国に短期留学。帰国後、後藤学園附属入新井クリニックで漢方診療に従事
  • 2003年:あおぞら診療所で在宅診療に従事
  • 2007年:東京医科歯科大学臨床教授
  • 2013年:自治医科大学看護学部准教授
  • 2022年:大東文化大学スポーツ・健康科学部 看護学科教授

精神科医5年目、認知症の診療と出会う

医学部時代から現在まで、私は心と体の境界領域に強い関心を持ち、一貫して取り組んできました。しかし、医学部時代は身体の問題にあまり関心がなく、真面目な医学生とは言えませんでした(笑)。

将来に向けて考えた時、このままではまずいと感じ、総合病院の研修医として複数の診療科をローテーションしながら研修を受けました。現在ではこのような研修スタイルが一般的ですが、当時はまだ珍しかったため、私のような研修医は少数派だったと思います。

3年目から精神科医として総合病院で働き、リエゾン・コンサルテーションを行いながら、さまざまな診療科の先生と関わる機会を得ました。

リエゾン・コンサルテーション・・・身体疾患に伴ってみられる精神症状に対して、精神医療と身体医療をつなぎ、担当各科の医師や看護師と「連携」しながら患者さんの支援を行うこと。

その後、私は精神科を中心とした大規模病院である東京武蔵野病院に移りました。この病院は、現在の病院機能評価においても、「国内でも有数の歴史と伝統のある臨床に密着した学術研究機関としての精神科病院」と評価されています。

私が認知症の診療に関わるようになったのは、東京武蔵野病院で精神保健指定医を取得し、5年目の精神科医としての道を歩んでいた時でした。

当時は、塩酸ドネペジル(アリセプト)のような認知症治療薬がまだ存在せず、認知症は治療不可能な病気とされていました。

そのため、治療の見込みがない病気だから何をしても無駄だろう、という風潮が当時は広がっていたように思います。

勤務を志願する医師は0。精神科身体合併症病棟

当時の東京武蔵野病院には、機能別に分かれた11棟の病棟がありました。私はそのうちの精神科身体合併症病棟でチーフとして勤務しました。

この病棟は、精神障がいを抱える入院患者さんが内科や外科などの合併症を発症した場合に治療を行う病棟でしたが、ここでの勤務を志願する医師はいない、非常に不人気な病棟でした。

認知症の治療病棟に入院中の患者さんが誤嚥性肺炎などを発症すると、私の所属する身体合併症病棟に転棟し、治療を受けます。その後、再び認知症の治療病棟に戻るというケースが非常に多かった。

また、他の精神病院に入院中の患者さんが身体の合併症を発症した場合には、一時的に受け入れ治療を行い、回復後に元の病院に戻すということも行われていました。

さらに、身体合併症病棟では、身体疾患で地域の病院に入院したご高齢の方が、せん妄を発症したり認知症が顕在化したりして送られてくるケースが増えていました。これは1990年代後半のことです。

私は必然的に認知症の治療病棟も担当することになり、そこで数多くの認知症患者さんと出会うこととなりました。 

認知症治療病棟での現実

身体合併症病棟では、内科や外科の医師と協力して身体の疾患を治療し、同時に精神症状にも対応します。一部の患者さんはこの治療で回復し、自宅に戻ることができます。しかし、多くの患者さんはこの段階で驚くほど認知症の症状が進んでしまい、認知症の治療病棟に移されることになります。

しかし、治療病棟では原則3か月以上は入院できません。治療病棟は入院患者の半数以上を在宅に戻すことを目指していますが、特に身体合併症を抱える患者の在宅復帰はハードルが高く、近郊の専門施設に転院されることが多い。

その結果、何割かの方は、転院されて数ヶ月の間にお亡くなりになりましたという手紙が届く。当時の私は、そうしたことを数多く体験しました。

続く

この記事の著者/編集者

北田志郎 あおぞら診療所 副院長 

博士(医学)。精神保健指定医。日本精神神経学会専門医・指導医、日本中医学会評議員、日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医。分担執筆に『在宅医療バイブル(第2版)』(日本医事新報社、2018)、『在宅医療テキスト(第3版)』(勇美記念財団、2015)、『今日の治療指針2021』(医学書院、2021)、『医師アウトリーチから学ぶ 地域共生社会実現のための支援困難事例集』(長寿社会開発センター、2023)など。

この連載について

精神科医が在宅医療・認知症に関わる意義とは

連載の詳細

最新記事・ニュース

more

遺伝子専門医でもある熊川先生は、難聴のリスク遺伝子を特定する研究にも携わられてきました。信州大学との共同研究を経て、現在では高い精度で予後を推定できるようになっています。 将来を見据えたライフスタイルの設計のために。本連載最終記事となる今回は熊川先生の経緯や過去の症例を伺いながら、難聴の遺伝子検査について取り上げます。

人工内耳の発展によって効果や普及率が格段に高まってきた現代。今だからこそ知りたい最新の効果、補聴器との比較、患者さんにかかる負担について伺いました。重度の難聴を持つ患者さんが、より当たり前にみな人工内耳を取り付ける日は来るのでしょうか。

本連載の最後となるこの記事では、首都圏で最大規模の在宅医療チームである悠翔会を率いる佐々木淳氏に、これからの悠翔会にとって重要なテーマや社会的課題、その解決に向けてのビジョンについて伺いました。

こころみクリニックは正しい情報発信とぎりぎりまで抑えた料金体系、質の高い医療の追求を通して、数多くの患者を治療してきました。専門スタッフが統計解析して学会発表や論文投稿などの学術活動にも取り組み、ノウハウを蓄積しています。一方でTMS療法の複雑さを逆手に取り、効果が見込まれていない疾患に対する効果を宣伝したり、誇大広告を打つクリニックもあり、そうした業者も多くの患者を集めてしまっているのが現状です。 こうした背景を踏まえ、本記事ではこころみクリニックの経緯とクリニック選びのポイントについて伺いました。

前回記事に続いて、首都圏で最大規模の在宅医療チームである悠翔会を率いる佐々木淳氏に、「死」に対しての向き合い方と在宅医が果たすべき「残された人生のナビゲーター」という役割についてお話しを伺いました。

人工内耳の名医でいらっしゃる熊川先生に取材する本連載、1記事目となる本記事では、人工内耳の変遷を伺います。日本で最初の手術現場に立ったのち、現在も71歳にして臨床現場で毎日診察を続けられている熊川先生だからこそお話いただける、臨床実感に迫ります。

本記事では主に医師に向けて、TMS療法に関する進行中の研究や適用拡大の展望をお伝えします。患者数の拡大に伴い精神疾患の論文は年々増加しており、その中で提示されてきた臨床データがTMS療法の効果を着実に示しています。さらに鬼頭先生が主導する研究から、TMS療法の可能性が見えてきました。

お話を伺ったのは、医療法人社団こころみ理事長、株式会社こころみらい代表医師でいらっしゃる、大澤亮太先生です。 精神科医として長い臨床経験を持ち、2017年にこころみクリニック、2020年に東京横浜TMSクリニックを開設され、その後も複数のクリニックを展開されています。 科学的な情報発信と質を追求した診療を通して、日本でも随一の症例数を誇るこころみクリニック。自由診療としてぎりぎりまで料金を抑え、最新のプロトコルを提供しながら学術活動にも取り組まれています。そんなこころみクリニックに取材した連載の第1回となる本記事では、臨床運営の現場から見えてきたTMS療法の治療成績と、コロナ後遺症への効果を検証する臨床研究をお聞きしました。