がん研究者が心の底から「標準治療を選んで!」と訴える理由(大須賀 覚)

ブルーバックス | 講談社|2019年02月27日

「本当に、本当に、皆さんに知って欲しいことがあって、今回は強い思いを持って、この記事を書きます」 米国在住のがん研究者・大須賀覚医師がここまで訴 …

続きを読む

するとコメントをすることができます。

新着コメント

  • 2

    森口

    2019年02月27日

    医療については、高額だから良いということではない。
    医療費のメカニズムを考えれば理解しやすい。
    標準治療以外が、標準以上というわけでもない。

    損得勘定ではなく誠実性を大切にしている
    勤勉な医師がそばにいると、医療リテラシーが
    身につきやすい(^^)

    2+
このエントリーをはてなブックマークに追加