医療とテクノロジーの未来:「生命の不平等」とも向き合う覚悟を

MITテクノロジーレビュー|2018年11月16日

ヒトゲノムの解読に初めて成功してから20年が過ぎ、膨大な量の医療データが利用可能になり、分析ツールが揃ってきたことで、個人ごとにカスタマイズした …

続きを読む

するとコメントをすることができます。

新着コメント

  • 1

    坂本

    2018年11月16日

    技術を扱う人にとっても、そうでなくても難しい問い。
    “これらの記事が共通して提示している問題はシンプルだ。医療に不平等が存在しているのは既知の事実として、不平等をどの程度まで容認すべきなのだろうか? ということである。”

    0
このエントリーをはてなブックマークに追加