ドクタージャーナル編集部
連載「パーソンセンタードケア」と「地域における連携ケアの重要性」

#02 認知症の人の生きる表現を「症状」としてしか見ていない、ということ

座談会出席者 木之下徹氏  医療法人社団 こだま会 こだまクリニック院長 本多智子氏  医療法人社団 こだま会 こだまクリニック 看護師 勝又浜子氏  厚生労働省老健局高齢者支援課 認知症・虐待防止対策推進室長 加畑裕美子氏 「レビ-小体型認知症介護家族おしゃべり会」代表 中野あゆみ氏 有限会社DOOD LIFE(高齢者住宅・訪問介護)代表 社会福祉士  ファシリテーター 元永拓郎氏  帝京大学大学院文学研究科臨床心理学専攻・准教授 司会 絹川康夫 一般社団法人 全国医業経営支援協会 代表理事 ※平成24年7月31日に開催。 出席者の所属、役職は当時のものです。 (『ドクタージャーナル Vol.5』より 取材・構成:絹川康夫、写真:安田知樹、デザイン:坂本諒)

認知症の人の生活のしづらさを理解する

元永: 多くのドクターは認知症の人を「対処する」「対応する」、といった診療の対象者として診ることが多いと思います。

しかし木之下先生の投げかけによれば、そのような考え方では、認知症と生きること、生活のしづらさを理解することはできない。また適切な診療も出来ない、と強調されているように思います。

その点に関して、認知症ケアの現場に看護師として携わっている本多さんや、ケアスタッフとして関わっている中野さん、ご家族としての経験者である加畑さんはどのように感じられていますか?

本多: 今の「対象者」という言葉ですが、現場にいる者から見ると、ご本人と家族と、支える多職種に及ぶ種々の人々と良い連携が取れている医師は、疾患だけを見ているわけではなく、その人の生活も見ているのだなあ、と感じます。

しかし、診療の対象者として診ている医師は、その人全体を理解するには至っていない、とつい感じてしまうことがあります。

医師の医学的な技術や知識の力量から離れているのかもしれませんが、現場の感覚ではその点をもって「良い医師とそうでない医師」などと区別してしまうこともあります。

中野: 認知症の方と大きな病院の認知症専門外来に行った時に、先生はご本人から話を聞かずに、付き添いのケアスタッフである私に「君たちは何に困っているのか」「何で君たちの手を煩わせているのか」という質問をされたことが幾度かありました。

「一緒に診察室に入っているのだから、ご本人から話を聞いてください。」とお願いするのですが、ご本人と目を合わせて、しっかりとお話をされる先生はあまりいなかったように記憶しています。

その先生が認知症の専門医であっても、です。そういったときに、私は、認知症の人を診療の対象者としてしか見てもらえていないという気がします。

加畑: 私の場合は父がレビ-小体型認知症、母がアルツハイマー型認知症で、父と母の同時介護という経験をしました。

いろいろ大変な経験もしましたが、振り返ってみて、家族として何を周囲に一番望んでいたかというと、認知症を罹ったとしても父を一人の人間として認めて欲しい。父にも父の人生がありました。それをいつも伝えたかったのです。

しかし、そう言っても理解してもらえませんでした。それは母の場合も同じでした。

施設の中では大勢の中の一人でも、家族にとってはたった一人の父であり母なのです。ともすると、モンスターファミリーのように言われたりしてしまうこともありました。

「レビ-小体型認知症介護家族おしゃべり会」の中でも、多くの方から、悔しい思いをしたという話を聞きます。

何が悔しいのかと言うと、「人」としてきちんと扱われていない、というのです。在宅介護に関して言えば、支援するチームがしっかりと揃っていれば頑張っていけると実感しています。

(続く)

この記事の著者/編集者

ドクタージャーナル編集部   

ドクタージャーナル編集部のアカウントです。

するとコメントすることができます。

新着コメント

この連載について

「パーソンセンタードケア」と「地域における連携ケアの重要性」

連載の詳細

話題のニュース

more

「認知症の人を、人として見る」という視点 元永: 「本人の尊厳を大事にする」という言葉は、もはや言い古されています。にもかかわらず、特に認知症医 ...

0Picks