#02 「患者さま第一主義」を考えた結果として、ユニバーサルデザインにたどり着きました

ユニバーサルデザインとは、障害の有無や年齢、性別、人種などにかかわらず、多くの人々が利用しやすいように製品やサービス、環境をデザインするという考え方である。 132年の歴史を誇る「井上眼科病院」および「お茶の水・井上眼科クリニック」では、眼の見えづらい方、体の不自由な方、お年寄りやお子様など、さまざまな方が安全に安心して通院、入院できるように、誰もが使いやすいユニバーサルデザインを導入して、快適な病院空間づくりに取り組んでいる。 (『ドクタージャーナル Vol.7』より 取材・構成:絹川康夫、写真:安田知樹、デザイン:坂本諒)

患者さまが使いやすいクリニックを作りたい

以前の井上眼科病院では、外来も手術も行っていました。1981年にできた病院で、当初は患者さんが1日300人位だったのですが、次第に増えてきて、そちらでは大変手狭になっていました。

そうなってくると待合室には患者さんが溢れて、診察室も新たに2階に作ったりと、病院内の動線が非常に分かり難くなっていて、それはスタッフにとってもストレスの多い状態でした。

井上眼科病院

眼科病院ですので、患者さんは視力の弱い人が多いのに、待合室や廊下には多くの人が立っていて、院内を歩行するのも危ない。

ましては転んだりしたら大変です。視力の弱い人が安心して来院でき、安全に診療を受ける事ができることが眼科病院のそもそもの大前提ではないか、と考えました。

そこで移転に際して、「そのような方たちに使いやすいクリニックを作りたい」という考えを建築デザイナーに話したところ、「それこそがユニバーサルデザインの考え方です。」と言われたのが、始まりでした。

その時まで、特にユニバーサルデザインを意識していたわけではありませんでした。

ですから、最初にユニバーサルデザインありき、ではなくて、患者さん第一を考えた結果が、ユニバーサルデザインに行き着いたということなのです。

この取り組みは、当病院が掲げる「患者さま第一主義」にも合致して、スタッフからも支持されました。それまでの状況は、スタッフにとってもストレスが多かったので、期せずして全員の思いが賛成の方向に向かいました。

井上眼科病院

患者さんに聞くのが最も正しい

クリニックに来院される患者さんは目の見えづらい方たちが多い。

使い勝手の良さは、患者さんに聞くのが最も正しいという事になりまして、多くの患者さんに直接調査をさせてもらい、眼科病院に来られる患者さんにとっての使いやすさを調べました。

そうしましたら、いろいろな点で当初私たちが思っていたことと違っていました。

例えば院内の地図表示でも、私たちの考えではいろいろな情報が表示されていた方が分かり易いだろうと考えていたのですが、調査結果では、患者さんが一人で行く場所だけが分かれば良い。そこから先はスタッフが誘導してくれるので院内地図の表示内容は必要最低限でいい、ということでした。

我々にとってそれは新たな発見でした。また、元々視野の狭い人には探しにくいから、ピンポイントの表示だけでよいとの指摘もありました。

調査に関しては、当初はどれだけの方が参加してくれるか不安だったのですが、患者さんにお声を掛けたら皆さん大変喜んで参加して下さいました。

調査も複数回に及び、「そこまで考えてくれているのか。」と、皆さんにとても多くの意見を寄せていただきました。それがとても嬉しかったですね。

逆に言えば、それだけ多くの患者さんが不自由な思いをしていたのだということです。最終形ではありませんが目の見えにくい患者さんにとって普遍的なデザインに近づいたと感じています。

井上眼科病院

この記事の著者/編集者

井上賢治 井上眼科病院 院長 

医療法人社団済安堂 理事長 井上眼科病院 院長 
医学博士 眼科専門医
1993年千葉大学医学部卒業、1998年東京大学医学部大学院卒業、1999〜2000年 東京大学医学部附属病院分院眼科医局長、2002〜2005年医療法人社団済安堂井上眼科病院附属お茶の水・眼科クリニック院長、2006〜2012年医療法人社団済安堂お茶の水・井上眼科クリニック院長、2008年医療法人社団済安堂 理事長、2012年医療法人社団済安堂 第11代井上眼科病院院長
日本眼科医会代議員、東京都眼科医会常任理事、日本ロービジョン学会評議員、NPO法人空間のユニバーサルデザイン総合研究所理事、他

最新記事・ニュース

more

遺伝子専門医でもある熊川先生は、難聴のリスク遺伝子を特定する研究にも携わられてきました。信州大学との共同研究を経て、現在では高い精度で予後を推定できるようになっています。 将来を見据えたライフスタイルの設計のために。本連載最終記事となる今回は熊川先生の経緯や過去の症例を伺いながら、難聴の遺伝子検査について取り上げます。

人工内耳の発展によって効果や普及率が格段に高まってきた現代。今だからこそ知りたい最新の効果、補聴器との比較、患者さんにかかる負担について伺いました。重度の難聴を持つ患者さんが、より当たり前にみな人工内耳を取り付ける日は来るのでしょうか。

本連載の最後となるこの記事では、首都圏で最大規模の在宅医療チームである悠翔会を率いる佐々木淳氏に、これからの悠翔会にとって重要なテーマや社会的課題、その解決に向けてのビジョンについて伺いました。

こころみクリニックは正しい情報発信とぎりぎりまで抑えた料金体系、質の高い医療の追求を通して、数多くの患者を治療してきました。専門スタッフが統計解析して学会発表や論文投稿などの学術活動にも取り組み、ノウハウを蓄積しています。一方でTMS療法の複雑さを逆手に取り、効果が見込まれていない疾患に対する効果を宣伝したり、誇大広告を打つクリニックもあり、そうした業者も多くの患者を集めてしまっているのが現状です。 こうした背景を踏まえ、本記事ではこころみクリニックの経緯とクリニック選びのポイントについて伺いました。

前回記事に続いて、首都圏で最大規模の在宅医療チームである悠翔会を率いる佐々木淳氏に、「死」に対しての向き合い方と在宅医が果たすべき「残された人生のナビゲーター」という役割についてお話しを伺いました。

人工内耳の名医でいらっしゃる熊川先生に取材する本連載、1記事目となる本記事では、人工内耳の変遷を伺います。日本で最初の手術現場に立ったのち、現在も71歳にして臨床現場で毎日診察を続けられている熊川先生だからこそお話いただける、臨床実感に迫ります。

本記事では主に医師に向けて、TMS療法に関する進行中の研究や適用拡大の展望をお伝えします。患者数の拡大に伴い精神疾患の論文は年々増加しており、その中で提示されてきた臨床データがTMS療法の効果を着実に示しています。さらに鬼頭先生が主導する研究から、TMS療法の可能性が見えてきました。

お話を伺ったのは、医療法人社団こころみ理事長、株式会社こころみらい代表医師でいらっしゃる、大澤亮太先生です。 精神科医として長い臨床経験を持ち、2017年にこころみクリニック、2020年に東京横浜TMSクリニックを開設され、その後も複数のクリニックを展開されています。 科学的な情報発信と質を追求した診療を通して、日本でも随一の症例数を誇るこころみクリニック。自由診療としてぎりぎりまで料金を抑え、最新のプロトコルを提供しながら学術活動にも取り組まれています。そんなこころみクリニックに取材した連載の第1回となる本記事では、臨床運営の現場から見えてきたTMS療法の治療成績と、コロナ後遺症への効果を検証する臨床研究をお聞きしました。