井上眼科病院 院長  井上賢治
連載ユニバーサルデザインによる病院づくりで、ホスピタリティの実現を目指す

#03 患者さんに喜んでいただけることが、全てのスタッフにとって何よりのやりがいです。

ユニバーサルデザインとは、障害の有無や年齢、性別、人種などにかかわらず、多くの人々が利用しやすいように製品やサービス、環境をデザインするという考え方である。 132年の歴史を誇る「井上眼科病院」および「お茶の水・井上眼科クリニック」では、眼の見えづらい方、体の不自由な方、お年寄りやお子様など、さまざまな方が安全に安心して通院、入院できるように、誰もが使いやすいユニバーサルデザインを導入して、快適な病院空間づくりに取り組んでいる。 (『ドクタージャーナル Vol.7』より 取材・構成:絹川康夫、写真:安田知樹、デザイン:坂本諒)

私たちの取り組みはこれからも続きます。

私自身も、総合病院などで動線がわかりづらい経験もあったので、来てくれた人にわかりやすいものにすることはストレスが軽減されることを実感しています。

作ってからも院内地図の模様や色を変えました。色の見分けがつきにくい方たちにも対応できるような現在の色でのゾーン分けも、完成後に改良した結果です。

一度作ったら完成ではなくて、不備なところを患者さんに聞きながらその都度改良してゆく。私たちの取り組みはこれからもずっと続きます。

職員もそれが患者さんに喜ばれるので楽しみになっているようです。今では私以上に各部署のスタッフもよく理解していて、患者さんからの評判もとても良いです。

さらには、スタッフのモチベーションアップにもつながっています。

それまで患者さんの誘導も一対一で案内しなければならなかった手間が少なくなった分、患者さんにも丁寧に対応できるようになりました。

患者さんに喜んでいただけることが何よりのやりがいだと思います。これからの病院は、是非そうなっていって欲しいというのが私の思いです。

当病院に見学に来られる先生たちも多く、逆に私たちも全国の良い病院などを積極的に見学して、参考にさせて頂いております。

眼科治療のネットワーク井上眼科病院同門会

井上眼科病院グループで勤務されて今は開業医として活躍されている眼科医の先生たちの組織が井上眼科病院同門会です。

現在全国で100人ほどおられます。患者さんの紹介や、定期的な勉強会を行ったり、緑内障の患者さんの全国的な診療調査などを行ったりと、眼科治療の症例研究や情報交換の場になっています。また互助的な機能も有しています。

130年余りの歴史の中で作られてきた眼科治療のネットワークです。

目の相談室 ロービジョン外来

目の相談室は先代の父の代から始めたものです。

患者さんの中には残念ながら治らない方もおられます。そのような方たちをフォローするために作ったのが目の相談室です。

治らないからといっても患者さんには生活があり生きていかなければならない。そのために今持っている視機能を最大限に活かしていくための相談を受けることのできるのがロービジョン外来です。

当院には専門医も多くいますので、治療できない方たちのお役にも立ちたいという理念で行っています。これは患者さんも喜んでいただけますし、眼科専門病院の社会貢献の1つとも捉えています。

最近は相談者の数も増えてきていますし、診療現場で吸い上げ切れない患者さんの悩みや不安などがフィードバックされることが、今度は診療に役立っているという事も多くあります。

(続く)

この記事の著者/編集者

井上賢治 井上眼科病院 院長 

医療法人社団済安堂 理事長 井上眼科病院 院長  医学博士 眼科専門医 1993年千葉大学医学部卒業、1998年東京大学医学部大学院卒業、1999〜2000年 東京大学医学部附属病院分院眼科医局長、2002〜2005年医療法人社団済安堂井上眼科病院附属お茶の水・眼科クリニック院長、2006〜2012年医療法人社団済安堂お茶の水・井上眼科クリニック院長、2008年医療法人社団済安堂 理事長、2012年医療法人社団済安堂 第11代井上眼科病院院長 日本眼科医会代議員、東京都眼科医会常任理事、日本ロービジョン学会評議員、NPO法人空間のユニバーサルデザイン総合研究所理事、他

話題のニュース

more

「認知症の人を、人として見る」という視点 元永: 「本人の尊厳を大事にする」という言葉は、もはや言い古されています。にもかかわらず、特に認知症医 ...

0Picks