【動画あり】病院や診療所のM&Aスキームのポイントを解説

<本連載について>
事業承継と聞くと、引退を迫られているようで前向きになれなかったり、何から着手すればよいのか分からなかったりで悩みや不安を抱えている方も多いと思います。本連載では「今日からはじめる事業承継」と題して、院長が抱える事業承継への不安を1つでも解消し、笑顔で事業承継を終えるために役立つ記事を発信していきます。

M&Aと一口に言っても、病院や診療所の場合、その方法は開設主体によって異なる方法で行われます。「法人譲渡」や「事業譲渡」など、恐らくM&Aを検討するまでは聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。

M&Aの方法は業界用語で「スキーム(手法)」という言葉を使い話されることが多いですが、自院がどのスキームを用いてM&Aをするのか、方法論や注意点も含めてよく確認をしておきましょう。本稿では開設主体により異なるM&Aのスキームを大きく3つに分けてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 持分あり医療法人のM&Aスキーム
  2. 持分なし医療法人のM&Aスキーム
  3. 個人事業の医療施設のM&Aスキーム

1.持分あり医療法人のM&Aスキーム
「出資持分の譲渡+経営権の承継」

出資持分とは、財産権とも言われ、株式会社における株式持分と似ています。出資をした社員(※医療法上の定められた出資者のことです。従業員ではありません。)は、社員をやめるときの出資持分の払戻請求権と、法人が解散するときの残余財産分配請求権という2種類の財産権を有しています。この出資持分は株式持分同様に譲渡することができるため、その特性を活かしてM&Aが行われます。

持分あり医療法人のM&Aにおいて一般的なのは、出資持分の譲渡と経営権の承継(社員・理事などの経営陣の交代)を合わせて実施するスキームです。

出資持分の譲渡

出資持分を譲渡した際には対価を受けとるのですが、受け取り方は『出資持分の譲渡対価』と『退職金』の2種に割り振られることが多いです。例えば、譲渡価格総額が1億円の場合、5千万円を出資持分譲渡、残り5千万円を退職金で受け取るというような形です。

割り振りの按分は手取りが多くなるよう税金面を考慮したり、法人内にある現預金額で払出しができるかなど、様々要点を精査しM&A時の契約書で定められます。

経営権の承継

次に経営陣である理事を任命する権限は社員にありますので、出資持分を譲り受けて新しい社員となった人が、新しい理事を任命することで、経営権の承継(経営陣の交代)をします。

通常は社員・理事ともに原則全員交代となることが多いですが、理事長のみ社員・理事に残り、引き続き経営にも関与していくケースもあるため、お相手と相談の上決定されます。

2.持分なし医療法人のM&Aスキーム
「経営権の承継」

持分なし医療法人の場合は、出資持分という概念がそもそも存在しないため、当然ながらその譲渡もできません。ただし、持分あり医療法人と同様に、社員の交代、理事の交代というプロセスにより、法人の所有権と経営権を第三者に承継させることが可能です。

では、どうやって対価を得るかといえば、退職金として支払われることが一般的です。出資持分譲渡のように対価の受け取り方を割り振りができない分、税金面を考慮したスキームを作りにくいとも言えます。特に最近は持分なしへの移行を安易に進める方も多いと聞くため、メリット・デメリットをよく精査してから実行に移すようにしましょう。

3.個人事業の医療施設のM&Aスキーム

個人事業の場合、事業は個人に属しており、個人と別の法人という法的な主体が存在しないため、持分や法人を譲渡するという考え方にはなりません。

M&Aのスキームとしては、売り手となる現経営者が病院や診療所の廃業手続きを行い、買い手となる第三者は、新規に事業の開業手続きを行います。(これは、親子間などでクリニックを承継する場合でも、基本的には同じです)。

すると、何を承継するのか、という疑問が生じるかもしれませんが、診療所や病院であれば病床の許認可があります。また、施設の建物、診療所名などのブランド、また、そこに通院している既存の患者さんなど、「営業権全般」を引き継ぐという考え方になります。

その際には、行政の許認可対応等に十分に留意する必要があります。たとえば、病床過剰地域にある医療施設のM&Aの場合、買い手側の開業時に予定していた病床数が確保できないといったことも起こり得ます。

営業権の評価なども含めて、医療経営者だけでは判断が難しいことも多いので、専門のアドバイザーへの相談をおすすめします。

今回は病院や診療所のM&Aスキームの概要部分を解説しました。もっと詳しく知りたい方は、添付の動画をご参照頂いたり、ファンドブック西山賢太までお問い合わせください。

医療施設M&AのスキームとM&Aプロセスの全体像

https://fundbook.co.jp/gallery/

株式会社fundbookの基本情報

会社名株式会社fundbook
ホームページhttps://fundbook.co.jp/
所在地東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー24F
TEL03-3591-5066
事業内容M&A仲介事業

fundbookは最先端のテクノロジーとアドバイザーの豊富な経験を融合した新しい形のM&Aを提供する会社です。2021年に創設された「ヘルスケアビジネス本部」には、病院・診療所の事業承継・M&Aを200件以上成約に導いてきたメンバーが揃い、業界最大級の経験と実績に基に安心と成果を提供します。M&Aに関するコラムやM&A事例なども多数紹介しています。

この記事の著者/編集者

西山賢太 株式会社fundbook アソシエイトヴァイスプレジデント 

株式会社fundbookヘルスケアビジネス戦略部所属。薬剤師・調理師・医療経営士。埼玉県済生会川口総合病院にて薬剤師としての実務経験を得た後、新たな視点で医療業界に貢献したいという思いから株式会社fundbookへ入社。病院・診療所における事業承継やM&Aのほか、事業計画策定・病床機能転換など経営支援にも携わる。

するとコメントすることができます。

新着コメント

この連載について

医療を未来へつなぐために「今日からはじめる事業承継」

連載の詳細

事業承継と聞くと、引退を迫られているようで前向きになれなかったり、何から着手すればよいのか分からなかったりで悩みや不安を抱えている方も多いと思います。本連載では「今日からはじめる事業承継」と題して、院長が抱える事業承継への不安を1つでも解消し、笑顔で事業承継を終えるために役立つ記事を発信していきます。

最新記事・ニュース

more

遺伝子専門医でもある熊川先生は、難聴のリスク遺伝子を特定する研究にも携わられてきました。信州大学との共同研究を経て、現在では高い精度で予後を推定できるようになっています。 将来を見据えたライフスタイルの設計のために。本連載最終記事となる今回は熊川先生の経緯や過去の症例を伺いながら、難聴の遺伝子検査について取り上げます。

人工内耳の発展によって効果や普及率が格段に高まってきた現代。今だからこそ知りたい最新の効果、補聴器との比較、患者さんにかかる負担について伺いました。重度の難聴を持つ患者さんが、より当たり前にみな人工内耳を取り付ける日は来るのでしょうか。

本連載の最後となるこの記事では、首都圏で最大規模の在宅医療チームである悠翔会を率いる佐々木淳氏に、これからの悠翔会にとって重要なテーマや社会的課題、その解決に向けてのビジョンについて伺いました。

こころみクリニックは正しい情報発信とぎりぎりまで抑えた料金体系、質の高い医療の追求を通して、数多くの患者を治療してきました。専門スタッフが統計解析して学会発表や論文投稿などの学術活動にも取り組み、ノウハウを蓄積しています。一方でTMS療法の複雑さを逆手に取り、効果が見込まれていない疾患に対する効果を宣伝したり、誇大広告を打つクリニックもあり、そうした業者も多くの患者を集めてしまっているのが現状です。 こうした背景を踏まえ、本記事ではこころみクリニックの経緯とクリニック選びのポイントについて伺いました。

前回記事に続いて、首都圏で最大規模の在宅医療チームである悠翔会を率いる佐々木淳氏に、「死」に対しての向き合い方と在宅医が果たすべき「残された人生のナビゲーター」という役割についてお話しを伺いました。