#07 自宅や、施設、病院でも、『ハッピーエンド・オブ・ライフ』が送れる街を作りたい。

群馬県沼田市の医療法人大誠会内田病院 理事長 田中志子(たなかゆきこ)氏は、故郷の沼田市が大好きで、慢性期医療が大好きという。 田中志子氏は「地域といっしょに。あなたのために。」の理念を掲げ、「大切な、この故郷のために、地域の老若男女が安心して生きられるようなまちづくりをしたい。医療を通じてまちづくりに貢献したい。医師という専門職の立場から地域を見つめ、まちづくりに役立ちたい。」と話す。 「沼田市認知症にやさしい地域づくりネットワーク」の設立など、幅広い活動で地域に貢献する。 (『ドクタージャーナル Vol.19』より 取材・構成:絹川康夫, 写真:安田知樹, デザイン:坂本諒)

グリーフケアは慢性期医療の醍醐味です

急性期医療と違い慢性期医療の私たちはグリーフケアが得意です。

グリーフケアとは、患者さんが生きている時からスタートすると考えています。その人の生きている時の人柄や人となりを知らなければ、亡くなった時に一緒に嘆き悲しむことなどできません。

私たちは、患者さんがどう生きて、そして亡くなったかをご家族と共につぶさに見ています。ですから私たちの喪失感も家族となんら変わりはありません、グリーフケアは慢性期医療でこそ得意分野なのです。

ですから、グリーフケアとは、亡くなった時ではなく、患者さんが生きている時からスタートする。ということを常にスタッフに話しています。それこそが慢性期医療で行わなければならないことであり、医療従事者にとってそれは大きな生きがいであり醍醐味でもあります。

「ハッピーエンド・オブ・ライフ・ツリー」~終りよければすべてよしの樹~

病院ロビーに、シンボルマークのツリー「ハッピーエンド・オブ・ライフ・ツリー・終りよければすべてよしの樹」を掲示しています。

このツリーに貼られている1枚1枚の葉っぱには、亡くなられた患者さんのイニシャルとご命日が記されていまして、それぞれの葉っぱは、私たちの病院や施設で最期を迎えて本当に良かったと思っていただいた患者さんのご家族に張り付けていただいています。

普通は亡くなった後、用事がなければご家族が病院に行くこともないと思いますが、当院には亡くなった後もこの樹を見に来られるご家族の方もとても多くおられます。

私たちは「あなたが幼稚園の時に、おじいさんはこんな方でしたよ。」と、いわば患者さんのご家族にとっての語り部でもあります。

患者さんが生きていた時のことを知っている人も、時とともに減っていきます。でもその方たちのお名前がここで一葉の葉に残っている。時が経ち訪れる方がいなくなっても、その方の名前はずっとそこに残っている。それって素晴らしいと思っています。

病院にとって死は忌むべきことかもしれませんが、私たちの病院では、死はケアのアウトカムだと思っています。

ですから施設では、亡くなった方を裏口から隠してお返しするようことはしません。きれいなご遺体にして表から全員で、「お疲れさまでした。」とお見送りしています。

次には病院でも正面からお帰りいただけるといいなと思っています。しかし外来の方がいらっしゃるところでは、まだまだ難しいですね。

それでも、当院ではご家族の方々が、「本当にここで亡くなってよかった」とおっしゃってくれることがとても多いのです。入院して治る患者さんもいつかは最期が来ます。その時、亡くなってもなお「よかった」と言ってくださる。

外来受診の患者さんから、「ここで看取ってもらうから」とか、「私の命をあんたに預ける」とおっしゃっていただける。こんなに素晴らしい仕事はありません。

地域の患者さんと何年も、何十年も関わっていける。最期はご家族と一緒に、「あの時はこんなことがあったよね」とお話ししながらお看取りする。

自宅でも、施設でも、病院でも、「ハッピーエンド・オブ・ライフ」が送れるようなまちづくりをしていきたい。これこそが私の使命と思っています。

この記事の著者/編集者

田中志子 群馬県認知症疾患医療センター内田病院 センター長 

医療法人大誠会 理事長、社会福祉法人久仁会 理事長、群馬県認知症疾患医療センター内田病院 センター長。医学博士、日本内科学会総合内科専門医、日本老年医学会老年病専門医、日本認知症学会認知症専門医・指導医、認知症サポート医、認知症介護指導者、日本医師会認定産業医、介護支援専門員。日本慢性期医療協会常任理事、特定非営利法人手をつなごう理事長、特定非営利法人シルバー総合研究所理事長。

この連載について

生まれ故郷をこよなく愛し、大好きな慢性期医療に取り組む

連載の詳細

最新記事・ニュース

more

遺伝子専門医でもある熊川先生は、難聴のリスク遺伝子を特定する研究にも携わられてきました。信州大学との共同研究を経て、現在では高い精度で予後を推定できるようになっています。 将来を見据えたライフスタイルの設計のために。本連載最終記事となる今回は熊川先生の経緯や過去の症例を伺いながら、難聴の遺伝子検査について取り上げます。

人工内耳の発展によって効果や普及率が格段に高まってきた現代。今だからこそ知りたい最新の効果、補聴器との比較、患者さんにかかる負担について伺いました。重度の難聴を持つ患者さんが、より当たり前にみな人工内耳を取り付ける日は来るのでしょうか。

本連載の最後となるこの記事では、首都圏で最大規模の在宅医療チームである悠翔会を率いる佐々木淳氏に、これからの悠翔会にとって重要なテーマや社会的課題、その解決に向けてのビジョンについて伺いました。

こころみクリニックは正しい情報発信とぎりぎりまで抑えた料金体系、質の高い医療の追求を通して、数多くの患者を治療してきました。専門スタッフが統計解析して学会発表や論文投稿などの学術活動にも取り組み、ノウハウを蓄積しています。一方でTMS療法の複雑さを逆手に取り、効果が見込まれていない疾患に対する効果を宣伝したり、誇大広告を打つクリニックもあり、そうした業者も多くの患者を集めてしまっているのが現状です。 こうした背景を踏まえ、本記事ではこころみクリニックの経緯とクリニック選びのポイントについて伺いました。

前回記事に続いて、首都圏で最大規模の在宅医療チームである悠翔会を率いる佐々木淳氏に、「死」に対しての向き合い方と在宅医が果たすべき「残された人生のナビゲーター」という役割についてお話しを伺いました。

人工内耳の名医でいらっしゃる熊川先生に取材する本連載、1記事目となる本記事では、人工内耳の変遷を伺います。日本で最初の手術現場に立ったのち、現在も71歳にして臨床現場で毎日診察を続けられている熊川先生だからこそお話いただける、臨床実感に迫ります。

本記事では主に医師に向けて、TMS療法に関する進行中の研究や適用拡大の展望をお伝えします。患者数の拡大に伴い精神疾患の論文は年々増加しており、その中で提示されてきた臨床データがTMS療法の効果を着実に示しています。さらに鬼頭先生が主導する研究から、TMS療法の可能性が見えてきました。

お話を伺ったのは、医療法人社団こころみ理事長、株式会社こころみらい代表医師でいらっしゃる、大澤亮太先生です。 精神科医として長い臨床経験を持ち、2017年にこころみクリニック、2020年に東京横浜TMSクリニックを開設され、その後も複数のクリニックを展開されています。 科学的な情報発信と質を追求した診療を通して、日本でも随一の症例数を誇るこころみクリニック。自由診療としてぎりぎりまで料金を抑え、最新のプロトコルを提供しながら学術活動にも取り組まれています。そんなこころみクリニックに取材した連載の第1回となる本記事では、臨床運営の現場から見えてきたTMS療法の治療成績と、コロナ後遺症への効果を検証する臨床研究をお聞きしました。